「ジャビル・サイド=ゲルニ」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.2) (ロボットによる 追加: simple:Djabir Saïd-Guerni)
1999年は、サイド=ゲルニにとって躍進の年となった。軍人世界選手権で優勝。さらに、8月の世界選手権では1分44秒18で、[[デンマーク]]の[[ウィルソン・キプケテル]]、[[南アフリカ共和国]]の[[ヘゼキエル・セペング]]に次いで3位となり銅メダルを獲得した。
 
2000年のシドニーオリンピックでも好成績は、開会式においてアルジェリア選手団の旗手残す務めた800mに出場し、[[ドイツ]]の[[ニルス・シューマン]]、デンマークのキプケテルに次ぐ3位となり、オリンピックで銅メダルを獲得した。シューマンとは100分の8秒差という激戦であった。さらに、2003年の[[パリ]]で行われた世界選手権では、1分44秒81で、[[ロシア]]の[[ユーリー・ボルザコフスキー]]に100分の3秒という僅差の末勝利。世界チャンピオンとなった。
 
2004年の[[アテネオリンピック (2004年)|アテネオリンピック]]で2大会連続で開会式においてアルジェリア選手団の旗手を務めた。800mで決勝に進出したものの7位となり表彰台に手が届かなかった。その後、度重なる故障のため、2007年に現役を引退した。
 
== 自己ベスト ==
408

回編集