「ヨーゼフ・ブラドル」の版間の差分

m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: sv:Sepp Bradl)
1938年にオーストリアがナチス・ドイツに併合されたあとはドイツ代表として、[[1939年ノルディックスキー世界選手権]]([[ポーランド]]、[[ザコパネ]])で金メダルを獲得した。
 
第二次世界大戦終結後、ブラドルは1950年代前半に30歳代ながら競技に戻って復帰。1952年[[オスロオリンピック]]ではオーストリア選手団の旗手を務めた。1952/53シーズンの第1回[[ジャンプ週間]]で総合優勝を果たした。現役引退後は1958年から指導者となりドイツおよびオーストリアのナショナルチームコーチを歴任、また1982年に亡くなるまで[[ザルツブルク州]]の[[ミュールバッハ・アム・ホッホケーニヒ]]で妻ポーラとともにスキー宿を営んでいた。
 
現役引退後は1958年から指導者となりドイツおよびオーストリアのナショナルチームコーチを歴任、また1982年に亡くなるまで[[ザルツブルク州]]の[[ミュールバッハ・アム・ホッホケーニヒ]]で妻ポーラとともにスキー宿を営んでいた。
 
==外部リンク==
408

回編集