「エメリッヒ・ダンツァー」の版間の差分

*1965年、1966年、1967年、1968年の[[ヨーロッパフィギュアスケート選手権]] 優勝。
*1966年、1967年、1968年の[[世界フィギュアスケート選手権]] 優勝。
*1968年[[グルノーブルオリンピック]]では開会式のおいてオーストリア選手団の旗手を務めた。この大会の大本命とみなされていたが、規定での失敗が響き、フリーで巻き返したが4位に終わる。当時は規定に大きな比重が置かれていたからである。彼にメダルを与えなかったことに観客は大きな不満を表したが、彼は結果を納得して受け入れた。
*選手時代に本国で高い人気を誇り、引退後はプロスケーター、歌手・タレント<ref>http://austriancharts.at/showinterpret.asp?interpret=Emmerich+Danzer 1968年5月に歌手デビューしている</ref>として活躍。1975年にプロスケーターを引退した後は1989年までアメリカでコーチとして活動していた。その後オーストリアに戻り、スポーツ保険業及びスポンサーの仕事を行う傍ら、オーストリアのスケート連盟会長など歴任し、テレビ解説者としても活躍している。
 
408

回編集