「アンネマリー・モザー=プレル」の版間の差分

妹の[[コーネリア・プレル]]も[[アルペンスキー]]のオーストリア代表として[[レークプラシッドオリンピック (1980年)]]の滑降に出場した。
== プロフィール ==
アンネマリーは8人きょうだい兄弟の6番目として生まれ、幼いころからスキーに親しんだ。
12歳のとき地区大会で優勝して才能を見出され、1968年1月17日に14歳で[[アルペンスキー・ワールドカップ]]の滑降レースにデビュー、79位となった。
1970年1月17日に大回転でワールドカップ初勝利を挙げると、[[1970年アルペンスキー世界選手権]]では滑降で銅メダルを獲得した。
1976年12月、アンネマリーは現役に復帰、再びトップスキーヤーとなった。
[[1978年アルペンスキー世界選手権]]の滑降とアルペン複合で金メダル、大回転で銅メダルを獲得、
1980年の[[レークプラシッドオリンピック (1980年) におけるアルペンスキー競技|レークプラシッドオリンピック]]では、オーストリア選手団滑降旗手を務めた。この大会では、滑降に出場し金メダルを獲得した。このシーズン、ワールドカップでも5勝を挙げた。しかしこのシーズンを最後に現役を引退し、地元クラインアルルで "Weltcup-Cafe Annemarie"を開業。このカフェには彼女自身が獲ったカップやトロフィーが飾られた。1974年に[[アトミック]]社の社員であったヘルベルト・モザーと結婚し、1982年に娘を出産、2003年には孫が生まれている。
 
[[アルペンスキー・ワールドカップ|ワールドカップ]]で総合優勝を6回果たしており1971年から1975年まで5年連続優勝、1979年にも優勝したほか、種目別の滑降で7回(1971年から1975年、1978年、1979年)、大回転で3回(1971年、1972年、1975年)、アルペン複合で2回(1975年、1979年)タイトルを獲得している。
ワールドカップで挙げた62勝(滑降36勝、大回転16勝、回転3勝、複合7勝)は女子選手としてトップであり、男子選手を含めてもウィンタースポーツでは[[バイアスロン]]、[[クロスカントリースキー]]の[[オーレ・アイナル・ビョルンダーレン]](93勝)、[[アルペンスキー]]の[[インゲマル・ステンマルク]](86勝)に次ぐ。
 
== 外部リンク ==
*[http://www.annemarie-moser-proell.at Official website] {{de icon}}
408

回編集