「スタニスワフ・マルサシュ」の版間の差分

同年、[[ナチスドイツ]]がポーランドに侵攻して来ると[[国内軍 (ポーランド)|ポーランド勝利の戦い]]に参加しポーランド独立のために戦ったが1940年に逮捕され死刑宣告を受けた。しかしドイツの収容所から脱出に成功しハンガリーへ亡命、終戦までここで過ごした。
 
第二次世界大戦終了後、マルサシュは再び競技を始め、1948年の[[サンモリッツオリンピック (1948年) におけるスキージャンプ競技|サンモリッツオリンピック]]には、開会式においてポーランド選手団の旗手として出場しを務め、27位となった。
 
さらに4年後、1952年の[[オスロオリンピックにおけるスキージャンプ競技|オスロオリンピック]]に38歳で出場、この大会でも開会式で2大会連続の旗手を務め、27位となった。
ポーランド選手権では1952年まで通算11回優勝、1955年にも3位となっている。
マルサシュが最後にオリンピックに参加(ただし競技には出場しなかったが)したのは1956年[[コルティナダンペッツォオリンピックにおけるスキージャンプ競技|コルティナダンペッツォオリンピック]]で、43歳でフォージャンパーを務めた。
408

回編集