「メンノ・フォン・クーホルン」の版間の差分

編集の要約なし
[[フリースラント州]]の州都[[レーワルデン]]で生まれ、優れた軍事学の教育を受けて、16才でオランダ軍の大尉になった。
 
[[オランダ侵略戦争]]で[[1673年]]の[[マーストリヒト]]の防衛と[[1674年]]のグラヴェ包囲に参戦した。そこで彼は小型臼砲(called coehorns)を発明した。1674年に大佐に昇進し、[[1677年]]の[[カッセルの戦い (1677年)|カッセルの戦い]]と[[1678年]]の[[サン=ドニの戦い (1678年)|サン=ドニの戦い]]に参加した。[[大同盟戦争]]では准将として参戦、[[1692年]]に自分で設計した[[ナミュール]]要塞の司令官として守備隊を指揮しているがフランス軍の前に陥落([[ナミュール包囲戦 (1692年)|第一次ナミュール包囲戦]])、[[1695年]]の[[ナミュール包囲戦 (1695年)|第二次ナミュール包囲戦]]で[[オランダ総督]]兼[[イングランド王国|イングランド]]王[[ウィリアム3世 (イングランド王)|ウィリアム3世]]の軍勢に加わり包囲戦を指揮してナミュールを落とした。
 
[[スペイン継承戦争]]にも参戦して[[1702年]]に[[フェンロー]]を落としたが、1704年に63歳で死去。
{{DEFAULTSORT:くほるん めんの ふおん}}
[[Category:オランダの軍人]]
[[Category:大同盟戦争]]
[[Category:1641年生]]
[[Category:1704年没]]
匿名利用者