「ムィコラーイウ」の版間の差分

m
名称は、現在の[[公用語]]であるウクライナ語で'''{{lang|uk|Миколаїв}}''' {{IPA|мɪkɔˈlɑjiw/<small>ムィコラーイィウ</small>}}、以前の公用語[[ロシア語]]で'''{{lang|ru|Николаев}}''' {{IPA|nʲɪkəˈlajəf/<small>ニカラーイェフ</small>}}と呼ばれる。これは、男性の名前「[[ニコライ]]/[[ムィコーラ|ムィコライ]]」の[[物主形容詞]]に由来する名称で、「ニコライ/ムィコライの町」といった意味になる。
 
[[日本語]]での表記は一定していない。ウクライナ語名としては'''ムィコラーイウ'''、'''ムィコライウ'''または'''ムィコライウ'''<ref>[[アクセント]]位置に[[長音符]]を用いるべきか否かについては諸説あり、その使用については任意となっている。実際の原語発音では日本語での[[長音]]概念に相当するような発音がなされているが、文字上では長音は表されていない。</ref>の他、'''ミコライフ'''と書かれることが多い<ref>平成三年に定められ、現在も有効である内閣告知「外来語の表記」における『「外来語の表記」に用いる仮名と符号の表』には「ムィ」という表記は含まれていない。ただし、表に含まれない特別な音の表記は「取決めを行わず、自由とする」とあるので、告知は限定を意味するものではないが、留保を要する。「ムィ」という表記を使用しない場合、同様の発音をする他言語の表記例からいくつかの代替表記が考えられる。ポーランド語では「ミ」、ロシア語では「ミ」または「ムイ」、[[ルーマニア語]]や[[トルコ語]]では「ム」または「ムィ」が使用されている。ウクライナ語に関しては実例が少なく比較し難いが、「ムイ」や「ム」よりは「ミ」が多い。但し、これについては下記註3.のような批判がある。</ref><ref>「{{lang|uk|ї}}」については、{{IPA|ji}}の発音通り「イィ」と表記するとあまりに煩雑であるため、簡略に「イ」で済まされる場合が多い。</ref>。しかし、これはあまりにロシア語的であると批判されることがある<ref>「{{lang|uk|Ми}}」という綴りは、ロシア語では「ミ」と読める。語尾に来る「{{lang|uk|в}}」はウクライナ語標準語では{{IPA|w}}の発音を表しているが、ロシア語では{{IPA|f}}になる。こうしたことから、「ミコライフ」という表記はロシア語から類推した読みであると考えられ、ウクライナ語の表記としては最適ではないという指摘がされる。但し、語尾に来る「{{lang|uk|в}}」についてはウクライナ語でも地方や個人によっては{{IPA|f}}で発音される場合もあり、一概に「フ」が不適切とは断言できない。また、[[ベラルーシ語]]のように{{IPA|v}}で発音することもあり、'''ムィコラーイヴ'''などの表記が用いられる可能性もある。</ref><ref name = "ippan-norei">表記一般の詳細については[[ウクライナ語の日本語表記]]を参照のこと。</ref>。[[ラテン文字]]表記では、''{{lang|la|Mykolajiv}}''や''{{lang|la|Mykolayiv}}''、''{{lang|la|Mykolajiw}}''、''{{lang|la|Mykolayiw}}''、より簡略な表記を好む場合には''{{lang|la|Mykolaiv}}''や''{{lang|la|Mikolaiv}}''などが用いられる。使用状況は言語や個人の好みによって異なるが、市の[[ウェブサイト]]の[[Uniform Resource Identifier|URI]]には''{{lang|la|mykolayiv}}''を採用している。
 
ロシア語名としては'''ニコラーエフ'''または'''ニコラエフ'''<ref name = "ippan-norei"/>、'''ニコラーイェフ'''または'''ニコライェフ'''<ref>ロシア語の「{{lang|ru|е}}」の日本語表記については、「エ」と「イェ」のふたつの候補がある。実際の原語発音は「イェ」に近いが、煩雑であることから慣習的に「エ」で代替表記されることが多い。「イエ」と書くのは間違いであり、また使用例も少ない。</ref>、まれに'''ニコライエフ'''などとも書かれるが、「ニコライエフ」という表記は不正確である。ラテン文字表記では、''{{lang|la|Nikolaev}}''や''{{lang|la|Nikolaew}}''、''{{lang|la|Nikolayev}}''、''{{lang|la|Nikolayew}}''、''{{lang|la|Nikolajev}}''、''{{lang|la|Nikolajew}}''などが用いられる。使用状況は言語や個人の好みによって異なる。
1,139

回編集