「ルイ3世 (コンデ公)」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.2+) (ロボットによる 変更: en:Louis, Prince of Condé (1668–1710))
'''ルイ3世・ド・ブルボン=コンデ'''('''Louis III de Bourbon-Condé''', [[1668年]][[11月10日]] - [[1710年]][[3月4日]])は、[[フランス王国|フランス]]の貴族。[[コンデ公]]。公位を継承してわずか1年で死去したため、一生のほとんどを2番目の称号[[ブルボン公]](duc de Bourbon)で呼ばれた。他に[[モンモランシー公]](duc de Montmorency)、[[アンギャン公]](duc d'Enghien)、[[ギーズ公]](Duc de Guise)の称号も保持していた。
 
コンデ公[[アンリ3世 (コンデ公)|アンリ3世]]と妃[[アンヌ・ド・バヴィエール]]の次男として、[[パリ]]のオテル・ド・コンデで誕生した。当時の社会では、王朝の熟慮で多くの政策が行われていたが、[[大じ一族内の決定についてはそう盟戦争]]ではなかった。強力なリュクサンボン=コンデ家と、王の血を引く庶出の娘との結婚が、[[ルイ14世 (フランス王ソワ・アンリ・ド・モンモランシー (リュクサンブール公)|ルイ14世フランソワ・アンリ・ド・モンモランシー]]がそ眉を上げるが如くあっさりと決められたのである。かし、祖父でコンデ家の長老[[南ネーデラント|スペ2世 (コ領ネー公)|イ2世ラント]]は、戦線へ向つてい、[[いとこ|弟ルイ14世に対抗して叔父]]で姉[[フロンマリー=テレーズ・の乱・ブルボン (1666-1732)|マリー・テレーズ]]の夫反乱軍側についたという負い目がり、そのことが老いた彼の頭の中を占めるようになっていたが、彼の孫ルイに王の庶子コンティ公[[ルイーズ・フランソワーズ・ルイ・ド・ブルボン (コンティ公)|ルイーズ・フランソワ・ルイ]]と共に[[1692年]]の[[ステンケルケの戦い]]、[[1693年]]が降嫁するはコ[[ネールウィンデ家へ厚遇であり、戦い (1693年)|ネーイ2世に対するもウィンデンではなかっ戦い]]に参戦した。
 
当時の社会では、王朝の熟慮で多くの政策が行われていたが、同じ一族内の決定についてはそうではなかった。強力なブルボン=コンデ家と、王の血を引く庶出の娘との結婚が、[[ルイ14世 (フランス王)|ルイ14世]]がその眉を上げるが如くにあっさりと決められたのである。しかし、祖父でコンデ家の長老[[ルイ2世 (コンデ公)|ルイ2世]]は、かつて従弟ルイ14世に対抗して[[フロンドの乱]]で反乱軍側についたという負い目があり、そのことが老いたる彼の頭の中を占めるようになっていたが、彼の孫ルイに王の庶子[[ルイーズ・フランソワーズ・ド・ブルボン|ルイーズ・フランソワーズ]]が降嫁するのはコンデ家への厚遇であり、ルイ2世に対するものではなかった。
 
コンデ家からは、多くの身体的・精神的に障害を持つ子孫が出ていたが、ルイ3世も例外ではなかった。彼は身長が5[[フィート]]半(168[[センチメートル|cm]])しかなく、[[ドワーフ]]のような小男とまではいわれなくても、身長が低いといわれていた。事実、姉妹は「王室人形」あるいは「小さな黒いカブトムシ」と揶揄されるほど華奢で知られており、[[猫背]]でもあった。ルイは不格好なほど頭部が大きかった。加えて、肌の色は黄みがかったオレンジ色をしていたという。また、当時としては最高の教育を受けながら知性的な人物ではなかった(全く知性がないというわけではないが)。
匿名利用者