「東常縁」の版間の差分

編集の要約なし
'''東 常縁'''(とう つねより)は、[[室町時代]]中期から[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]初期の[[武将]]、[[歌人]]。[[美濃国|美濃]][[篠脇城]]主。官職が下野守だったため一般には東野州と称される。生年については、応永12年([[1405年]])説、同14年([[1407年]])説もある。
 
[[東氏]]は[[千葉氏]]一族の武士の家柄であったが、先祖の[[東胤行]]は[[藤原為家]]の娘婿にあたり、女系ながら[[藤原定家]]の血を引く受け継いでいる
 
== 生涯 ==
42

回編集