「江崎洋一郎」の版間の差分

→‎経歴: 出典なし、会食しただけでなぜ不倫か不明。「江崎のボディータッチ」の意味不明?出典、付加説明なき場合には近日中に削除予定
(→‎経歴: 出典なし、会食しただけでなぜ不倫か不明。「江崎のボディータッチ」の意味不明?出典、付加説明なき場合には近日中に削除予定)
[[2003年]]、選挙区事情から[[第43回衆議院議員総選挙|総選挙前]]に自民党に移籍。小選挙区を桜井郁三に譲り、比例代表南関東ブロック単独2位で当選。保守新党の元所属議員らが立ち上げた[[二階派]]ではなく、[[山崎派]]に入会する。[[2005年]]の[[第44回衆議院議員総選挙|総選挙]]でも同じく衆議院比例代表南関東ブロック2位で当選する。
 
{{要出典範囲|  [[2006年]][[6月]]、[[佐藤ゆかり]]衆議院議員と神楽坂のフレンチレストランで会食していた模様を[[週刊新潮]]にスクープされ、不倫デートと報じられた。江崎のボディータッチについて、佐藤は「散発的な不規則行為」「不倫ではなくセクハラ」とTVやHPで反論。その後、江崎は離婚。|date=2012年8月}}
 
[[2006年]][[9月]]、[[安倍内閣]]で[[財務省 (日本)|財務]][[大臣政務官]]に就任。また[[日韓議員連盟]]幹事を務める。
匿名利用者