「アーリントン郡 (バージニア州)」の版間の差分

編集の要約なし
アーリントン郡は、[[バージニア植民地]]の時代(1607年-1776年)に数回にわたってイギリスから下付された、「バージニアの北の首」と呼ばれる広大な領域の中にあった(現在も「バージニアの北の首」と呼ばれる小さな地域が残っているが、それと同じではない)。
 
土地の下付は、多くは有力なイギリス人に対して、政治的な恩恵として、あるいは開発の一環として行われた。下付を受けた者の中で最も有名なのが、第6代フェアファックス・オブ・カメロン卿トマス・フェアファクスであり、その名前は現在の北バージニアの多くの地名、とりわけ[[フェアファックス郡 (バージニア州)|フェアファックス郡]]及び[[独立市]]である[[フェアファックス (バージニア州)|フェアファックス]]に残っている。そのほかには、[[チャールズ2世 (イングランド王)|チャールズ2世]]が1673年、第2代カルペパー男爵トマス・カルペパー(カルペパー卿)及び初代アーリントン伯[[ヘンリー・ベネット (初代アーリントン伯爵))|ヘンリー・ベネット]]に対して行った下付が知られている。彼らの名前はいくつかの土地の名に残るとともに、[[カルペパー郡 (バージニア州)|カルペパー郡]]及びアーリントン郡の名前の起源となった。
 
なお、現在のアーリントン郡の名称は、1920年の改名によるものである。17世紀のアーリントン伯の名前は、そのずっと前にバージニア州東海岸にあった[[プランテーション]]に付けられ、更にその名にちなんでポトマック川の別のプランテーションがアーリントンと名付けられた。このポトマック川のプランテーションの大部分が、[[アメリカ南北戦争]]を経てアーリントン国立墓地となった。
 
=== 首都への編入とバージニア州への返還 ===
匿名利用者