「ルイ・ジョゼフ・ド・ブルボン」の版間の差分

編集の要約なし
翌[[1706年]][[4月19日]]、オイゲンが[[ウィーン]]に滞在中の隙を付いて[[カルチナートの戦い]]でも勝利したが、[[ラミイの戦い]]でヴィルロワが[[グレートブリテン王国|イギリス]]軍司令官[[マールバラ公]][[ジョン・チャーチル (初代マールバラ公)|ジョン・チャーチル]]に大敗、戦線を修復すべく8月にヴィルロワに代わって[[フランドル]]へ送られた。イタリア戦線には後任に[[フェルディナン・ド・マルサン|マルサン]]と[[オルレアン公]][[フィリップ2世 (オルレアン公)|フィリップ2世]]が派遣されたが、[[9月7日]]の[[トリノの戦い]]でオイゲンに敗北してフランス軍はイタリアから駆逐された。
 
フランドルへ移動してからは[[南ネーデルラント]]を戦場にして同盟軍と戦ったが、主君のフランス王[[ルイ14世 (フランス王)|ルイ14世]]が孫の[[ブルゴーニュ公一覧|ブルゴーニュ公]][[ルイ (ブルゴーニュ公)|ルイ]]を指揮官としてネーデルラントへ送り出すとブルゴーニュ公と意見が対立、[[1708年]]の[[アウデナールデの戦い]]ではマールバラ公・オイゲン率いる同盟軍と交戦、ブルゴーニュ公の援軍が無いことが一因で大敗してしまった。[[リール包囲戦 (1708年)|リール包囲戦]]ではブルゴーニュ公・[[ジェームズ・フィッツジェームズ (初代ベリック公)|ベリック公]]と共に包囲軍の補給路を断ったが、ベリックとも仲違いして離脱された上、[[リール (フランス)|リール]]が同盟軍に落とされると[[ヘント]]防衛から引き上げさせられ、帰国後はブルゴーニュ公との対立が尾を引いて指揮権も取り上げられてしまった。
 
その後軍務にうんざりして所領へ引退したが、[[1710年]]にスペイン王[[フェリペ5世 (スペイン王)|フェリペ5世]](ルイ14世の孫、ブルゴーニュ公の弟)から召喚されてスペイン軍の指揮を執ることとなり、[[ブリウエガの戦い]]、[[ビジャビシオーサの戦い]]で勝利を重ねた。戦争終結前の1712年6月11日に[[ビナロス]]で急死し、[[エル・エスコリアル修道院]]へ埋葬された。妻マリー・アンヌ・ド・ブルボン=コンデ([[コンデ公]][[アンリ3世 (コンデ公)|アンリ3世]]の末娘)との間に子がなかったため、ヴァンドーム公位は弟の[[フィリップ (ヴァンドーム公)|フィリップ]]が継承した。
匿名利用者