「シリアの歴史」の版間の差分

編集の要約なし
==フランス占領期==
{{main|:en:French Mandate of Syria|フランス委任統治領シリア}}
[[1920年]]、[[{{仮リンク|シリア・アラブ王国]]([[:|en:State|Arab of Damascus]]、[[:en:StateKingdom of Aleppo]]、[[:en:Alawite State]]、[[:en:Jabal Druze State]]、[[:en:Sanjak of Alexandretta]]、[[大レバノン]])Syria}}の独立は[[ハーシム家]]の[[ファイサル1世]]が国王に即位することで達成された。彼は後に[[イラク王国]]の王になる。しかし、彼のシリアにおける治世は数ヶ月だけで終焉した。{{仮リンク|マイサラムの戦い|en|Battle of Maysalun}}における[[シリア・アラブ軍]]と[[フランス軍]]との間の衝突の後である
しかし、{{仮リンク|フランス・シリア戦争|en|Franco–Syrian War}}([[:en:Battle of Tel Hai]]、{{仮リンク|マイサラムの戦い|en|Battle of Maysalun}}、[[:en:Siege of Damascus (1920)]])における{{仮リンク|シリア・アラブ王国|en|Arab Kingdom of Syria|label=シリア・アラブ軍}}と[[フランス軍]]との間の衝突の後、ファイサル1世のシリアにおける治世は数ヶ月だけで終焉し、彼は後に[[イラク王国]]の王になる。
[[国際連盟]]がシリアをフランスの[[委任統治]]下においたのち、フランス軍はシリアを占領した。フランスとシリアは{{仮リンク|フランス・シリア独立条約|en|Franco–Syrian Treaty of Independence (1936)}}を[[1936年]]9月に交渉した、ファイサル王政下のシリア首相、{{仮リンク|ハシム・アル・アタシー|en|Hashim al-Atassi}}は新政権下での新しい大統領に選ばれ、その結果、近代最初の{{仮リンク|シリア共和国 (1930年–1958年)|en|Syrian Republic (1930–1958)|label=シリア共和国}}が樹立された。
[[国際連盟]]がシリアをフランスの[[委任統治]]下においたのち、フランス軍はシリアを占領した([[フランス委任統治領シリア]]、[[1920年]]-[[1946年]])。その後、フランス委任統治領シリアは、[[:en:State of Damascus]]、[[:en:State of Aleppo]]、[[:en:Alawite State]]、[[:en:Jabal Druze State]]、[[:en:Sanjak of Alexandretta]]、[[大レバノン]]に分割・統治された。
 
[[国際連盟]]がシリアをフランスの[[委任統治]]下においたのち、フランス軍はシリアを占領した。フランスとシリアは{{仮リンク|フランス・シリア独立条約|en|Franco–Syrian Treaty of Independence (1936)}}を[[1936年]]9月に交渉した、ファイサル王政下のシリア首相、{{仮リンク|ハシム・アル・アタシー|en|Hashim al-Atassi}}は新政権下での新しい大統領に選ばれ、その結果、近代最初の{{仮リンク|シリア共和国 (1930年–1958年)|en|Syrian Republic (1930–1958)|label=シリア共和国}}が樹立された。
しかし。フランスは条約を reneged し、それを ratify するために拒否した。[[第2次世界大戦]]時、[[1940年]]の[[フランス陥落]]により、シリアは、[[1941年]]7月に[[イギリス軍]]と[[自由フランス]]軍に占領されるまで[[ヴィシー政権]]の統治下におかれた。
シリアは[[1941年]]にその独立を宣言した。しかしそれが一共和国の独立宣言として認識されたのは[[1944年]]の7月のことであった。[[1945年]]2月、シリアは[[ドイツ]]と[[日本]]に宣戦布告をした。シリアの民族主義者グループからのプレッシャーの継続および英国からの圧力は、[[1946年]]4月にフランスをして同国軍を撤退せしめ、委任統治時、結成された共和国政府が掌握した国家が遺された。
匿名利用者