「東山道」の版間の差分

文の修正。
(文の修正。)
[[ファイル:Tousandou.PNG|thumb|300px|東山道の範囲と概略の経路]]
 
以下の諸国が含まれる。[[畿内]]から近い順に記載。<!--「但し、一般的には[[東北地方]]に当たる[[陸奥国]]と[[出羽国]]を除く場合が多い。」← 「一般的」がどんな場合なのか分からないのでコメントアウト-->
*[[近江国]](江州:[[滋賀県]])
*[[美濃国]](濃州:[[岐阜県]]南部)
== 道(みち)としての東山道 ==
<!--道路の項なので国名・地域名に関する記載は削除しました-->
[[律令制|律令]]時代の東山道は、[[畿内]]と東山道諸国の[[国府]]を結ぶ幹線道路であり、律令時代に設けられた七道の中で[[中路]]とされた。ただし中路とされたのは近江・美濃・信濃・上野・下野・陸奥の各国国府を通る道であり、る。陸奥国府・[[多賀城]]より北は[[小路]]とされてであり、[[北上盆地]]内にあった[[鎮守府 (古代)|鎮守府]]まで続いていた。
 
飛騨・出羽は行政区画で東山道に区分されていた上記以外の飛騨・出羽の各国が、国府には幹線道路としての東山道は通っていなかった。飛騨へは美濃国府を過ぎた現在の[[岐阜市]]辺りから支路が分岐していた。また出羽国へは、小路とされた[[北陸道]]を[[日本海]]沿岸に沿って延ばし、出羽国府を経て[[秋田城]]まで続いていたと見られている。またそのほか、多賀城に至る手前の東山道から分岐して出羽国府に至る支路もあったと見られている。
 
[[奈良時代]]当初は東山道の枝道として[[東山道武蔵路]]が設けられ、[[上野国]]新田より枉げ曲がって[[武蔵国]][[府中市 (東京都)|国府]]に至り、戻って[[下野国]][[足利市|足利]]へ進むコース(またはこの逆)が東山道の旅程であったが、。しかし人馬の浪費を是正するため、武蔵国を東海道に転属させることにより短絡している。元々東海道は相模国から海路で上総国・安房国渡り、そこから北上して下総国方面に向かう経路が取られていたが、その後海路に代わり相模国から武蔵国を経由して下総国に抜ける路が開かれた事により、[[宝亀]]2年[[10月27日 (旧暦)|10月27日]]([[771年]][[12月7日]])、旧武蔵国は東海道に入れ替わった。なお、[[甲斐国]](現 [[山梨県]])は[[駿河国]]、[[伊豆国]]とともに東海道に属しており、旅程も東海道に組み込まれていた。
 
東山道には、30里(約16キロ)ごとに駅馬(はゆま)10匹を備えた駅家(うまや)が置かれていた。
なお、[[甲斐国]](現在の[[山梨県]])は[[駿河国]]、[[伊豆国]]とともに東海道に属しており、旅程も東海道に組み込まれていた。
 
[[平安時代]]、[[平安京]]との間の[[運脚]](運搬人夫)の日数([[延喜式]]による)は以下の通り。括弧内は陸路の行程日数で、前者が上り後者が下り。上りの際は[[調]]と[[庸]]を携え、その他のとともに旅費にあたるものも携行したため、下りの約2倍の日数がかかったとされる
<!--意味がよくわからないのでコメントアウト 駅路は、地域の歴史や経済を無視した、政治的・軍事的側面が強かったと考えられるので、時を経ないでその機能を失ってしまい、道路も見失われていった<ref>橋本澄朗「古代の下野」58-61ページ</ref><ref>阿部昭・橋本澄朗・千田孝明・大嶽浩良『栃木県の歴史』山川出版社 [[1998年]] ISBN 9784634320901</ref>。-->
* 東山道:近江国府(1日/0.5日)、美濃国府(4日/2日)、信濃国府(21日/10日)、上野国府(29日/14日)、下野国府(34日/17日)、陸奥国府(50日/25日)
* 支路:飛騨国府(14日/7日)
* 北陸道:出羽国府(47日/24日)
 
[[徳川幕府]]が[[江戸]]を本拠地にして[[江戸時代]]になると、幹線道路としての東山道は、[[中山道]]<!--[[甲州街道]]、-->[[日光例幣使街道]][[奥州街道]]として整備された。江戸から[[京都]]までは中山道経由だと555kmになるが、「[[東海道]]のバイパス」として多くの旅客もそれなり多かっ利用された。
30里(約16キロ)ごとに駅馬(はゆま)10匹を備えた駅家(うまや)が置かれた。<!--下野では7駅設置されていた。ところが、東山道駅路と推定される遺構が1997年(平成9)時点で11カ所確認されている。-->
 
[[平安時代]]、[[平安京]]との間の[[運脚]](運搬人夫)の日数([[延喜式]]による)は以下の通り。括弧内は陸路の行程日数で、前者が上り、後者が下り。上りの際は[[調]]と[[庸]]を携え、その他の旅費にあたるものも携行したため、下りの約2倍の日数がかかった。
*東山道:近江国府(1日/0.5日)、美濃国府(4日/2日)、信濃国府(21日/10日)、上野国府(29日/14日)、下野国府(34日/17日)、陸奥国府(50日/25日)
*支路:飛騨国府(14日/7日)
*北陸道:出羽国府(47日/24日)
 
[[徳川幕府]]が[[江戸]]を本拠地にして[[江戸時代]]になると、幹線道路としての東山道は、[[中山道]]、<!--[[甲州街道]]、-->[[日光例幣使街道]]、[[奥州街道]]として整備された。江戸から[[京都]]までは、中山道経由だと555kmになるが、「[[東海道]]のバイパス」として旅客もそれなりに多かった。
 
=== 現代 ===
古代の東山道に相当するルートと並走する形で、いくつかの[[国道]]などの[[一般道路]]が通っている。概ね滋賀県[[長浜市|長浜]]から栃木県[[宇都宮市|宇都宮]]までを東西に横断するルートになるが、高速道路では[[名神高速道路]]・[[中央自動車道]]・[[上信越自動車道]]・[[北関東自動車道]]に相当するルートである。
 
しかし、[[明治政府]]が[[東京都|東京]]を本拠地にして「東京時代」が到来した後は、従来の「[[近畿地方|近畿]]⇔[[北関東]]・[[陸奥国|東北太平洋側]]」の需要は「[[南関東]]⇔北関東・東北太平洋側」の需要に移った。このため、[[高崎市|高崎]]経由で近畿と北関東・東北太平洋側を結ぶ「東山道」は廃れていった。近年の東北太平洋側と近畿を往来する高速バスも、最短路が[[首都高速道路]](''東京経由の[[太平洋]]岸ルート'')や[[北関東自動車道]](''高崎経由の内陸ルート'')を経由するよりも、全区間が高速道路で繋がっている[[磐越自動車道]]・[[北陸自動車道]]経由(''[[長岡市|長岡]]経由の[[日本海]]岸ルート'')の方が早い(例:[[フォレスト号 (大阪 - 仙台線)]])とから、のように幹線道路としての東山道は、全線を通しての「近畿⇔北関東・東北太平洋側」の大動脈とはなってい言えない状況である
 
東山道の区間内に限って見ると、東山道の各沿線短区間での交通需要が見込まれるほか、東北地方南東部([[宮城県]]・[[福島県]])および関東地方北部([[茨城県]]・[[栃木県]]・[[群馬県]])と[[長野県]]間の中距離区間にも地方間としては大きな需要が見込まれており(毎日約32,000人=東京⇔水戸間の需要の約50%、東京⇔宇都宮の需要とほぼ同等)、「東山道」経路は地方間では動脈となっている。
 
== 関連項目 ==
*[[日本の古代道路]]
*[[中山道六十九次]]
*鉄道:[[中央本線]] [[太多線]] [[信越本線]]([[しなの鉄道]]) [[両毛線]] [[東北本線]]([[宇都宮線]])
*国道:[[国道4号|4号]] [[国道17号|17号]] [[国道18号|18号]] [[国道19号|19号]] [[国道20号|20号]] [[国道21号|21号]] [[国道50号|50号]] [[国道293号|293号]]
*高速道路:[[中央自動車道]] [[名神高速道路]] [[上信越自動車道]] [[関越自動車道]]
*[[甲信地方]]([[中央高地]])
*[[日本の交通]]