メインメニューを開く

差分

m
→‎概要: 「イノウエ」について
 
==概要==
[[アマチュア無線]]では非常に有名な企業で、日本初の可搬型機を開発し、携帯用無線機メーカーの草分け的存在である。また、価格が100万円を超えるような機種を発売し、他社との差別化を図っている。2011年現在の売り上げの主力はアマチュア無線機、海外向けの業務用無線機などであり、その他には航空用無線機器、航海機器、[[無線LAN]]機器などを扱っている。近年では[[NTTドコモ]]の[[IPセントレックス#モバイルセントレックス|モバイルセントレックス]]([[PASSAGE DUPLE]])用[[Session Initiation Protocol|SIPサーバ]]なども取り扱っている。社名の由来は名称'''井上電機製作所'''(創業者・井上徳造にちなむ)の頭文字「I」と、communicationの頭文字「com」を合成したものである。もともとの略号はI.E.W.(Inoue Electric Works)であり、一時はI.C.E.(井上通信電子)を使用したこともあった。ICOM商標は社名変更前から長く使われているがため商標使用当初アマチュア読み間では「コムノウエと呼ばれることも多かった。現在も当時を知る者なく、主に社名変更前の機器を「イコムノウエだったと呼称する場合が多い(例:イノウエのFDAM-3)
ICOMの商標は社名変更前から長く使われているが、商標使用当初の読みは「アイコム」ではなく「イコム」だった。
 
1976年より海外にも積極的に展開しており、2011年3月期の売上構成比は、日本27.4%、北米31.8%、欧州17.2%、アジア15.8%、オセアニア7.8%となっている。
141

回編集