「表決数」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
 
: 過半数よりもさらに多い特定の数をもって決する方法<ref name="matsuzawa-457"/>。意思決定を著しく困難なものにするおそれがあるため特に重要な議事についてのみ例外的に採用される<ref name="higuchi-nakamura-satou-urabe-117"/>。
 
なお、「'''相対多数'''」というときは比較多数を意味するが<ref name="gikaiyougo-274">参議院総務委員会調査室編 『議会用語事典』 学陽書房、2009年、274頁</ref>、「'''絶対多数'''」というときは比較多数の対義語として過半数と特別多数の総称として用いられる場合<ref name="gikaiyougo-274"/>のほか、単に過半数を指して用いられる場合<ref name="matsuzawa-457"/>もある。
 
== 議会 ==
480

回編集