「北関東自動車道」の版間の差分

編集の要約なし
[[ファイル:20080330KinuGawa.jpg|thumb|200px|right|北関東自動車道、[[鬼怒川]]、[[日産自動車]]栃木工場空撮。[[2008年]][[3月30日]]撮影]]
[[ファイル:Kita-Kanto-Expressway and Nikko Sanzan,Ninomiya-town,Tochigi,Japan.JPG|thumb|right|200px|北関東自動車道と[[日光三山]]]]
'''北関東自動車道'''(きたかんとうじどうしゃどう、{{Lang|en|KITA-KANTO EXPRESSWAY}})は、[[群馬県]][[高崎市]]の[[高崎ジャンクション|高崎JCT]]から[[栃木県]]の[[東北自動車道]]を[[経由]]し、[[茨城県]][[ひたちなか市]]の[[ひたちなかインターチェンジ|ひたちなかIC]]([[東水戸道路]])へ至る[[日本の高速道路|高速道路]]([[高規格幹線道路]])である。略称は'''北関東道'''(きたかんとうどう、KITA-KANTO EXPWY)、北関東自動車道建設促進期成同盟会が公募で決めた[[愛称]]は'''北関'''(きたかん)。[[群馬県]][[前橋市]]、[[栃木県]][[宇都宮市]]、[[茨城県]][[水戸市]]と北関東3県の[[県庁所在地]]を通過している。
 
略称は'''北関東道'''(きたかんとうどう、KITA-KANTO EXPWY)、北関東自動車道建設促進期成同盟会が公募で決めた[[愛称]]は'''北関'''(きたかん)。[[群馬県]][[前橋市]]、[[栃木県]][[宇都宮市]]、[[茨城県]][[水戸市]]と、[[利根川]]以北に当たる[[北関東]]3県の[[県庁所在地]]を通過している。
 
== 概要 ==
[[関越自動車道]]と[[東北縦貫自動車道]]([[東北自動車道]])、[[常磐自動車道]]を結び、[[北関東]]の東西軸の強化を目的としている。
 
茨城県水戸市の[[水戸南インターチェンジ|水戸南IC]]からひたちなか市の[[ひたちなかインターチェンジ|ひたちなかIC]]までの区間は、[[高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路]]で[[有料道路|一般有料道路]]の[[東水戸道路]]である。また、[[高規格幹線道路]]の北関東自動車道の終点であるひたちなかICから先は、[[地域高規格道路]]の[[水戸外環状道路]]が[[那珂市]]まで指定されており[[常陸那珂有料道路]]が[[常陸那珂港インターチェンジ|常陸那珂港IC]]まで開通している。
 
以下では、[[東日本高速道路]]管理の高速自動車国道の道路名としての北関東自動車道について述べる。
 
起点近くの前橋市から終点近くの水戸市までは[[国道50号]]とほぼ並走しており、同国道の混雑と所要時間短縮の目的で建設された。
 
高崎[[水戸市|水戸]]方面と水戸[[高崎市|高崎]]方面を行き来する場合は[[岩舟ジャンクション|岩舟JCT]]-[[栃木都賀ジャンクション|栃木都賀JCT]]で[[東北自動車道]]を一旦通過する。ほかに関越自動車道、[[常磐自動車道]]、[[東関東自動車道]]の3路線と接続している。栃木-茨城間[[宇都宮市|宇都宮]]⇔水戸は[[2008年]][[12月20日]]に全線開通、群馬-栃木宇都宮⇔高崎間は[[2011年]][[3月19日]]に全線開通した<ref>[http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/head_office/h22/1125b/ 北関東自動車道が全線開通! 太田桐生インターチェンジ〜佐野田沼インターチェンジ間が平成23年3月19日に開通します] NEXCO東日本 プレスリリース 2010年11月25日発表</ref>。
 
主な建設目的は、(1)[[国道50号]]の混雑緩和、(2)[[関東|関東地方北部]]の東西主要連絡道路としての機能である。また(3)沿線の[[工業]]をはじめとした産業の発展を目指す。なお(4)首都・[[東京都|東京]]で重大災害が発生した時の「迂回路」としての機能、の4点である。全通後は北関東3県間の移動のみならず、当道路と[[上信越自動車道]]と[[中央自動車道]][[諏訪大社]]以西を併せて利用することにより、栃木、茨城の両県及び[[碓氷峠]]以東(関地方]]の太平洋側北部)碓氷峠以西([[長野県]]以遠との広域での物流観光利用、また、北関東3県から[[中京岐阜県]]、[[京阪神滋賀県]]方面へ)との広域移動する場合でもが容易になった。この為従来では[[東名高速道路]]や[[中央自動車道]]諏訪大社以東に向かうために渋滞が発生しやすい都心部東京の[[首都高速道路|首都高速]]を通過した車両もちらの北関東自動車道シフトしている傾向もられる。又、[[東北地方]]太平洋側([[福島県]]、[[宮城県]]など)と[[近畿地方]]を結ぶ高速道路網も、従来の''東京経由の[[東海道]]・[[太平洋]]岸ルート''([[新名神高速道路]]・東名高速道路・[[常磐自動車道]])と、''[[長岡市|長岡]]経由の[[北陸道]]・[[日本海]]岸ルート''([[北陸自動車道]]・[[磐越自動車道]])に加えて、''高崎経由の[[中山道]]・[[内陸]]ルート''([[名神高速道路]]・中央自動車道・[[上信越自動車道]]・'''北関東自動車道'''・[[東北自動車道]])も開通したことになる。
 
全区間開通時から4片側2[[車線]]で[[最高速度]]は100[[キロメートル毎時|km/h]]である。なお、全線が法定速度 (100km/h) となっている高速自動車国道として、他に[[伊勢湾岸自動車道]]がある。
 
高崎JCT-JCT⇔太田桐生ICと栃木都賀JCT-JCT⇔真岡ICは田園地帯を通過するなだらかな区間である。一方、太田桐生IC-IC⇔岩舟JCTと真岡IC-IC⇔桜川筑西ICは丘陵地帯を通過するため勾配やトンネルが多い。
 
== 通過市町村 ==
* [[関東環状道路]]
* [[国道50号]]
* [[東山道]]
* [[中山道]]
* [[日光例幣使街道]]
 
== 外部リンク ==
匿名利用者