「ReiserFS」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.2) (ロボットによる 変更: nl:Reiser File System)
OS = Linux
}}
'''ReiserFS'''(ライザーエフエス)は、[[Linux]]における[[ジャーナリングファイルシステム]]の実装の一つ。Linux [[カーネル|kernel]] 2.4.1から標準搭載となった。1996年から[[ハンス・ライザー]](Hans Reiser)率いる開発チームにより開発されている。Linuxカーネルのソースコードに取り込まれたはじめてのジャーナリングファイルシステムである。後継として、[[Reiser4]]がある。
 
1996年から[[ハンス・ライザー]](Hans Reiser)率いるNamesys社によって開発されていたが、後継の[[Reiser4]]の開発に集中するため開発が中止された。2006年にハンス・ライザーが妻の殺害容疑で逮捕された後、2008年にNamesys社も廃業し、現在はボランティアベースで開発が進められている。
 
== 主な特徴 ==
 
== ディストリビューション ==
2000年代中頃においてはいくつかのLinuxディストリビューションにおいてデフォルトのファイルシステムとなってい。多くのディストリビューションで、インストール時にファイルシステムとして選択でき大手フォルィスとして採用されている物リビューション一覧中では[[:en:Comparison ofSUSE Linux distributions#Technical]]を参照で採用されていたのが代表的である
 
しかしハンス・ライザーが殺人罪で逮捕された2006年に、後継のRaiserFSともども著しく評価を落とし、SUSEも[[ext3]]への移行を発表した。
 
デフォルトとして採用されている物の一覧は[[:en:Comparison of Linux distributions#Technical]]を参照。
 
== 外部リンク ==
匿名利用者