「ツヴィ・カリシャー」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[正統派]][[ユダヤ教]]徒のようにひたすら[[メシア]]を待つのではなく、積極的に[[パレスチナ]]への移住([[シオン]]への帰還)を実現すべきであると説いた。実行のために1836年の手紙で、知己である二代目アムシェル・ロスチャイルドに、イエルサレムの地をときのオスマントルコ帝国の君主マハムト二世から買い取るよう提案した。
 
1860年トルン[現ポーランドのヴィスワ川流域の都市。ワルシャワの北西。]にある自宅で集会を開き、それに基づいて[[1862年]]に出された「シオンを求めて」は、同年出版された[[モーゼス・ヘス]]の「ローマとエルサレム」と共に、シオニズム運動の成立に大きな影響を与えた。翌1863年には、「パレスチナへのユダヤ人の殖民のための中央委員会」を設立
 
== 外部リンク ==
匿名利用者