「アニパロコミックス」の版間の差分

編集の要約なし
{{漫画}}
 
'''アニパロコミックス'''(略称'''APC''')は、かつて[[1982年]]から[[1993年]]にかけて[[みのり書房]]より発行されていた隔月の[[漫画雑誌]]
 
==概要==
[[アニメ雑誌]]「[[月刊OUT]]」の臨時増刊号「アニパロコミックス」としてスタートした雑誌である。掲載作品の体は当時が人気あった[[テレビアニメ]]作品や[[漫画]]版権キャラクターを用いた[[パロディ]]物の[[ギャグ漫画]]作品を中心に掲載主体としていた。ただし、[[パロディ]]作品をその“元ネタ”となっている作品とは完全に独立したジャンル及び作品と位置づけ、[[アニメ]]雑誌や[[コミカライズ]]とは異なりライセンス許諾を得ないスタイルを取っていた。
 
掲載作品の主体大半主に女性向け[[同人誌]]で当時人気とながあていたアニメ・漫画を“元ネタ”にそのキャラクターの名前・特徴などそのまま用いたもので、現在ではパロディを主体というよりは[[2次創作物]]として取り扱われる様な内容のものが多くを占め、挙句には[[藤田わか]]『世紀末翼伝説』の様に、『[[キグ漫画プテン翼]]であっ』『[[聖闘士星矢]]』『[[鎧伝サムライトルーパー]]』など複数のテレビアニメ作品のキャラクターをごちゃまぜに流用したドタバタギャグ作品なども散見された。ただし、その一方で[[巣田祐里子]]の初期の代表作である『Go! WEST』や(ただし、この作品自体も『[[西遊記]]』のパロディをベースとしており、他にも作中に多少のパロディ要素は取り込んでいる)、他にも作者自身の周囲の出来事をモチーフにギャグ漫画に仕立てたものなど、オリジナル性の比較的高い作品も一部存在したがあり大半長らく実質的な雑誌看板作品の位置づけにあったの『Go! WEST』であった。なお人気常連連載作家アニメ・漫画を“元ネタ”は本誌でキャラクターの名活動と後して、商業出版や[[同人誌]]で[[やおい]]系特徴などをそ[[ボーイズラブ]]系まま用い作品を手掛け人物ので少なくないが現在本誌ではパロディというより[[LGBT]]的な要素基本的にギャグや[[2次創作物伏線]]として取り扱われる様な内容ものが過半を占使用までにとどられている。
 
その他、異色な作品としては、共に日本出来事を古代史に題材としを取っギャグ[[歴史漫画|歴史パロディ漫画]][[ゆうきまさみ]]『[[ヤマトタケルの冒険]]』や[[岩崎摂]]『[[Lullaby (漫画)|Lullaby]]』があり、企画コーナーとして『あなたもマンガ家になれるかな?』『あなたもアニパロ作家・脚本家になれるかな?』『手紙の書き方教室』などがあった。また、読者からの投書コーナーも設けられていた。
 
同じみのり書房の「月刊OUT」とは[[編集部・編集者]]が別個に置かれていたようだが、元々同誌の増刊という形でスタートしており、関係の単行本はOUTコミックスレーベルから発売されていた。他にも、1980年代には岡本章などの「アニパロコミックス」の常連作家陣が「月刊OUT」の表紙やカットを手掛けること多く、実質的には「月刊OUT」の実質的な姉妹誌という位置づけされていた。
 
==歴史==
 
===アニメ制作プロダクションの姿勢について===
1986年から放映が開始された『[[聖闘士星矢]]』と、その成功を受けて製作された1988年放映の『[[鎧伝サムライトルーパー]]』などに代表される、いわゆる“美少年アニメ”のブームを受けて、1980年代の末には美少年アニメ作品などを題材にした[[2次創作物]]である[[同人誌]]が大量に制作され、一部の作品については最大の同人誌即売会「[[コミックマーケット]]」でも単体ジャンルとして分類を受けるなど、一定のスペースを占有する程の規模で数多のサークルが手掛けるものとなった。このブームに目を付けたのが[[ビブロス (出版社)|青磁ビブロス]]や[[ラポート]]などの中小の[[サブカルチャー]]系出版物を手がけていた出版社で、これらをまとめた同人[[アンソロジー]]本の制作を手掛け、相当数が商業出版ベースで流通・販売される状況が見られた。ここからさらに一歩進んで、同人作家による美少年アニメの2次創作の事実上の新作(同人アンソロジー集の掲載作品は作者個人の同人誌に収録されていることを建前としていたが、実際には作者のサークルの新刊同人誌の[[通信販売]]の宣伝に用いられていた)を商業ベースの出版社がまとめた、事実上の“新作アンソロジー集”までもが登場するという状況になっていった。
 
これらアンソロジー集について、企画した出版社は「アニパロコミックス」と同様、あくまでパロディとして独立した作品であるというスタンスを取り、ノーライセンスの同人アンソロジー集が“元ネタ”とした作品の著作権者からのライセンス許諾を得ることもないまま、一般書店の漫画本売場の一角で堂々と販売されていたのである。しかし、その内実を見ると、これら大量の作品群の大半は、男性キャラクター同士による[[同性愛#ゲイ|同性愛]]の描写が含まれる「[[やおい]]同人誌」であり、本来は[[児童]]層を対象としたテレビアニメ作品の[[2次創作]]である事を鑑みればなおさらに、各方面から少なからず問題視される内容のものであった。
匿名利用者