「テトラコルド」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
{{Portal クラシック音楽}}
'''テトラコルド'''(もしくはTetra Chord「テトラコード」,[[古代ギリシャ語]]の{{lang|el|τετράχορδον}}(テトラコルドン)より。「4つの弦」の意)は、4つの音による[[音列]]のことである。現代では特に[[音階]]・[[旋法]]の理論で重要な意味を持っている。
 
[[リラ]]と呼ばれる[[古代ギリシャ]]の[[竪琴]]に由来する概念である。この楽器には4本の弦が張られ、それぞれの弦は、最低音と最高音が[[完全四度]]の音程を為すように調律され、その間に張られた2本の弦は完全四度の音程内の適当な音に調律されていた。このことから、主に完全四度とその間の2つの音を合わせた4つ音のことを示す概念として使用されることが多い。
 
現代の音楽理論では、「ド-ファの完全四度とソ-ドの完全四度の枠を予め用意した中に、それぞれ適当なテトラコドを挿入することによって[[七音音階]]ができる」という文脈で使用されることが多い。すなわち、「ド○○ファソ○○ド」の○に適当な音を挿入すればよい、といった意味である。例えば、[[長音階]]「ドレミファソラシド」は、テトラコド「ドレミファ」と「ソラシド」を積み重ねたものである。
 
この概念の拡張例として、[[小泉文夫]]による日本の旋法の理論がある。この理論においては、完全四度の枠内に挿入される音の数は、通常の2音ではなく1音とされる。すなわち、「ド○ファソ○ド」の○に適当な音を挿入すればよい。例えば、沖縄音階「ドミファソシド」は、擬似テトラコド「ドミファ」と「ソシド」を積み重ねたものとして理解することができる、などと説明される。
 
==関連項目==
匿名利用者