「アントナン・アルトー」の版間の差分

編集の要約なし
 
==生涯==
スミルナ(現在の[[イズミール]])出身のギリシャ人の両親の元、マルセイユで生まれる<ref name="authors">John Wakeman, World Authors, 1950-1970: A Companion Volume to Twentieth Century Authors</ref>。
幼少に罹患した[[髄膜炎]]の後遺症の痛みに耐えるために一生阿片などの麻薬を服用し続けた。1920年ごろから俳優活動をはじめ、また詩もものし始める。一時[[シュールレアリスム]]運動に加わるも、[[アンドレ・ブルトン|ブルトン]]と衝突。『[[新フランス評論|NRF]]』誌のリビエールとの交信は有名。アルフレッド・ジャリ劇場を創設し、身体演劇である「[[残酷劇]]」を提唱。現代演劇に絶大な影響を与える。
 
*[[器官なき身体]]
*[[ペヨトル工房]]
 
==脚注==
{{Reflist}}
 
==外部リンク==