「ランキンサイクル」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.3) (ロボットによる 追加: nn:Clausius–Rankine-prosessen)
 
== サイクル ==
{| class="wikitable"
| 1→2 || 給水[[ポンプ]]で<math>P_1\,</math>から<math>P_2\,</math>まで加圧
|-
| 2→3 || 蒸気[[ボイラ]]で<math>Q_1\,</math>の熱を吸熱
|-
| 3→4 || [[タービン]]で断熱膨張
|-
| 4→1 || <math>Q_2\,</math>の熱を[[復水器]]で放熱
|}
 
1 温度T<sub>1</sub>-給水[[ポンプ]]でP<sub>1</sub>からP<sub>2</sub>まで加圧→2 温度T<sub>2</sub>
 
2 温度T<sub>2</sub>-蒸気[[ボイラ]]でQ<sub>1</sub>の熱を吸熱→3 温度T<sub>3</sub>
 
3 温度T<sub>3</sub>-[[タービン]]で断熱膨張→4 温度T<sub>4</sub>
 
4 温度T<sub>4</sub>-Q<sub>2</sub>の熱を[[復水器]]で放熱→1 温度T<sub>1</sub>
 
== 理論熱効率 ==
\,</math>
:<math>
\eta_{th} = \frac{W}{Q_1} = \frac{(h_3 - h_4) - (h_2 - h_1)}{h_3 - h_2} = 1-\frac{ W_T h_1- W_P h_4}{(h_3 - h_1) - W_P h_2}
\,</math>
給水ポンプの消費する仕事を無視すると
:<math>
\eta_{th} = \frac{W_T}{Q_1}=\frac{h_3 - h_1h_4}{h_3 - h_2}
\,</math>
 
匿名利用者