「ダクテッドファン」の版間の差分

[[画像:USN hovercraft.jpg|thumb|250px|アメリカ海軍の[[LCAC-1級エア・クッション型揚陸艇]](ホバークラフト)。後部に2基のダクテッドファンが設置されている。]]
[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の[[X-22 (航空機)|ベル X-22]]のような[[垂直離着陸機|VTOL機]]向けに研究されてきたものの実験の域を出ることはあまりなく、有名な実用例としては[[ホバークラフト]]用の推進器がある。ただしラジコン飛行機用の小型推進器としては比較的ポピュラーな存在である。特にモデルとした実機がジェット機である場合に、プロペラが外から見えないようにするため、小型かつ安価なモデルでは模型用ジェットエンジンの代わりに搭載される.
電動モーター駆動のファンの後に燃料噴射装置とバーナーを備えた燃焼室を設け、ジェット排気による推力を付与するものもある<ref>これは[[モータージェット]]と同様の仕組である。ジェット排気による推力付加の効果はそう高いものではなく、現実のジェット機を模倣する演出的効果を狙ったものである。</ref>。
 
ヘリコプターに代わるダクテッドファン方式のリモコン輸送機なども登場している。ツインダクテッドファン方式の超小型の乗り物が幾つか登場している。Springtail Exoskeleton Flying Vehicle (EFV-4A)やDragonfly Unmanned/Manned/Remote Vehicle (UMR-1)などが有名である。空飛ぶ乗用車として注目されている[[スカイカー]]も、ダクテッドファン方式の乗り物の一種である。