「近衛府」の版間の差分

 
; 中将
: 左右に各1~4名。四等官の次官(スケ)に相当する。少将も「スケ」であるので「おお(大)いスケ」と呼ばれた。天平神護元年([[765年]])2月3日、近衛府の設置とともに、[[従四位下]]の官位相当。以後、定着する。当初は1名だったが[[天長]]年間増員され、[[権官]]もあが1名置かれるようになり、十世紀末までには正官2名・権官1名の計3人となり、十一世紀後半には左右各4名とされた。十二世紀後半になるとさらに人数が増加するようになり、後白河院政期には各6~7名在籍する例も見られるようになる([[安元]]元年(1175年)には左右の中少将の合計が28人の例が出現する。『近衛府補任』(続群書類従完成会)参照)。後には正員は置かれず、[[権官]]のみとなる。三位の位階の人がこの職に就くと「三位中将」と呼ばれ、[[参議]]の官職の人が兼任すると「宰相中将」、[[蔵人頭]]がこの職を兼任すると「[[頭中将]]」と呼ばれる。摂関家の嫡男などが五位のまま中将になる例もあり、「五位中将」と呼ばれた。親衛中郎将、親衛将軍、羽林将軍といった唐名のほか、次の少将とあわせて「三笠山」「次将」という別名がある。左近衛中将・右近衛中将はそれぞれ省略して「左中将」・「右中将」とも呼ばれる。
 
; 少将
: 左右に各2~4名。四等官の次官(スケ)に相当し、中将も「スケ」であるので「すな(小)いスケ」と呼ばれた。天平神護元年([[765年]])2月3日、近衛府の設置とともに、[[正五位下]]の官位相当。以後、定着する。当初は1名だったが後に増員され、天応元年([[781年]])6月1日に員外近衛少将が廃止された際に定員2名となる。その後、九世紀半ばには[[権官]]が設置されて正官2名・権官1名の計3人となり十一世紀初めには左右各4人在籍する例が見られるようになった。十二世紀後半になるとさらに人数が増加するようになり、後白河院政期には各7~8名在籍する例も見られるようになる([[安元]]元年(1175年)には左右の中少将の合計が28人の例が出現する。『近衛府補任』(続群書類従完成会)参照)。後には正員は置かれず、[[権官]]のみとなる。中将とほぼ同じ職掌。五位少将が四位に叙された際に少将を止めず「少将如元」とされた場合など、四位の位階の人がこの官に就くとを務める者は「四位少将」と呼ばれた。例は少ないが三位に叙されても少将のままでいる場合は「三位少将」と称した(平安時代では[[藤原道長]][[藤原頼通]]、[[藤原忠家]]、[[藤原基実]]の四名が三位少将を経験している)。二位の位階でこの官に就く場合もあったと解説する書物もあるが、平安時代においてはその例は皆無である(『公卿補任』、『近衛府補任』(続群書類従完成会)参照)。羽林郎将、親衛郎将、羽林中郎将、亜将、虎賁中郎将といった唐名がある。左近衛少将・右近衛少将はそれぞれ省略して「左少将」・「右少将」とも呼ばれる。
 
近衛中将・少将はともに四等官の次官にあたるために、'''近衛次将'''(このえのじしょう)とも称し、[[承徳]]2年([[1098年]])に左右近衛次将の定員は合計8名とされた。[[堂上家]]出身者で[[公卿]]となる者は侍従・兵衛佐・近衛次将を歴任する例が多かった。
匿名利用者