「先発ローテーション」の版間の差分

第二次世界大戦前の日本プロ野球は、シーズンの試合数が少なく、投手優位の試合が多かったため、各チームで2、3人の投手が交代で先発する方法が採用され、原則的に勝ち試合の先発投手は完投していた。そのため、シーズンの投球回は非常に多く、500回を超えることもあった。
 
第二次世界大戦後に試合数が増加すると、先発投手の人数も増加したが、エース級の投手は状況により救援登板もしていたため、シーズンの投球回は多いままであった。特に、1961年のリーグ[[最優秀防御率]]であった[[稲尾和久]]と[[権藤博]]は、共に400回以上登板(2012年現在も両リーグの投球回の最多記録)、権藤については「権藤、権藤、雨、権藤、雨、雨、権藤、雨、権藤」という流行語も生まれるほど過密な登板であった。
 
しかし、稲尾・権藤ともにをはじめ、酷使の影響で故障し、選手生命を縮める結果となった選手が多数出たことを教訓に、1960年代後半から救援専門投手が整備され始め、1980年頃に各球団で先発ローテーションが確立していった。1980年代の先発ローテーションは中5日が多く、先発投手が好調と判断した場合、先発投手に長い回を投げさせることも行われていたが、シーズンの投球回が300回を超えるような投手起用はなくなった。
 
1990年代から中6日の先発ローテーションが増える一方で、先発投手の次回登板時の疲労に配慮し、投球数の多い先発投手を中継ぎ投手へ交代させることが増えたため、シーズンの投球回はさらに減少した。
967

回編集