「琉球の位階」の版間の差分

[[画像:位階別冠(ハチマチ).JPG|thumb|180px|琉球國の位階別冠(ハチマチ) 首里城で撮影]]
[[image:Dress_of_Oji_and_Aji.jpg|thumb|王子按司大礼服並通常服着装図。右が大礼服(五色浮織冠に緑袍)、左が通常服。]]
王族のことを[[按司部]]という。また、国王の子女を、古くは「おもいぐわべ(思い子部)」とも言った。「おもい」は接頭美称、「ぐわ」は子供、「べ」は階層の意味である。
国王の親族で、九品十八階のさらに上位に位置し、最高品位の無品(むほん)とされた。王子や按司は国王の親族のため、公平性を期すため最高職である[[琉球の摂政|摂政(シッシー)]]を例外とすれば、国政に直接携わる要職などには就かず、儀典関係や防災の長官職につくことが多かった。王子、按司は一[[間切]](今日の[[市町村]])を采地([[領地]])として賜り、一括して[[按司地頭]]とも呼ばれた。また、[[親方 (沖縄)|親方部]]に属する[[総地頭]]と併せて、広義には総地頭とも称する。
 
の親で、九品十八階のさらに上位に位置し、最高品位の無品(むほん)とされた。王子や按司は国王の親族のため、公平性を期すため最高職である[[琉球の摂政|摂政(シッシー)]]を例外とすれば、国政に直接携わる要職などには就かず、儀典関係や防災の長官職につくことが多かった。王子、按司は一[[間切]](今日の[[市町村]])を采地([[領地]])として賜り、一括して[[按司地頭]]とも呼ばれた。また、[[親方 (沖縄)|親方部]]に属する[[総地頭]]と併せて、広義には総地頭とも称する。
 
王子、按司は、一般に采地とする間切名を家名にして今帰仁王子、本部按司などと称した。また、王子、按司の邸宅は[[御殿 (沖縄)|御殿(ウドゥン)]]と呼ばれ、これがそのまま按司家を指す尊称にも使われた。[[今帰仁御殿]]、[[本部御殿]]のごとくである。なお馬氏[[国頭御殿]]は王族以外の御殿家としては唯一の例外である。
:基本的に国王の子、王叔、王弟の[[称号]]および位階名である。[[正室]]の子を直王子、[[側室]]の子は脇王子といった。また[[世子]](世継ぎ)は中城(ナカグスク)間切を[[采地]]としたため、特に[[中城王子]]と呼ばれた。王子は一代限りで、王子の子は[[按司]]となった。
 
:琉球で王子の称号使われ出したの用開始は、[[明]]の[[冊封]]を受けて、王号が使われ出した以降のことである。実際に王子号が用いられるようになったのは、第二尚氏王統が始まってしばらく経ってからと言わ考えられている。第3代[[尚真王]]の時代に建立さ以前た[[玉陵の碑文]]([[1501年]])には、王や王子、各地「中くすく支配者も皆、単あんし まきよたる(中城の按司と称していた。・真仁堯樽、後の[[第一清王]]王統下でも)とあるように王の子はすべて王子のことまだ「あんているわけではなく、按司や称号なしの人物も見受けられ)」と呼んでいる。
 
後世の史書では、第一尚氏王統下の王の子や第二尚氏王統初期の頃の王の子にも王子号を用いているが、これは史書編纂の折、王子に相当する人物ということで王子号を用いたのであろう。実際には当時は王の子たちも按司を称していたと思われる。
:古くは王子と書いてアンジと発音し、当初は按司との明確な区別はなかったとされる。[[玉陵の碑文]]([[1501年]])に「中くすくのあんし まにきよたる(中城の按司・真仁堯樽、後の[[尚清王]])などと記されていることからも、この事実は確認できる。
 
:王子は、他に功績のあった按司、[[江戸上り]]の正使に任命された者、摂政に就任した按司なども賜った。この場合は、従王子と呼ばれた。[[羽地王子朝秀]]などがその例である。王子は赤地金入五色浮織冠を戴き、金簪を差した。
 
*'''按司'''(アジもしくはアンジ)
1,472

回編集