「琉球の位階」の版間の差分

m
:琉球での王子の称号の使用開始は、[[明]]の[[冊封]]を受けて、王号が使われ出した以降のことである。実際に王子号が用いられるようになったのは、第二尚氏王統が始まってしばらく経ってからと考えられている。第3代[[尚真王]]の時代に建立された[[玉陵の碑文]]([[1501年]])には、「中くすくのあんし まにきよたる(中城の按司・真仁堯樽、後の[[尚清王]])とあるように、王子のことをまだ「あんし(按司)」と呼んでいる。
 
:後世の史書では、第一尚氏王統下の王の子や第二尚氏王統初期の頃の王の子にも王子号を用いているが、これは史書編纂の折、王子に相当する人物ということで王子号を用いたのであろう。実際には当時は王の子たちも按司を称していたと思われる。
 
:王子は、他に功績のあった按司、[[江戸上り]]の正使に任命された者、摂政に就任した按司なども賜った。この場合は、従王子と呼ばれた。[[羽地王子朝秀]]などがその例である。王子は赤地金入五色浮織冠を戴き、金簪を差した。
1,472

回編集