「トウ艾」の版間の差分

編集の要約なし
{{出典の明記|date=2012年9月}}
{{記事名の制約|title=鄧艾}}
'''鄧 艾'''(とう がい、生年不詳 - [[264年]])は、[[中国]][[後漢]]末期から[[三国時代 (中国)|三国時代]]の[[軍人]]。[[魏 (三国)|魏]]に仕えたのの[[将軍]]。[[字]]は'''士載'''(しさい)。義陽郡棘陽県の人。子は[[トウ忠|鄧忠]]とその他二名おり、孫は鄧朗鄧千秋の祖父がおり、鄧韜・鄧行の高祖父である。主に[[蜀漢]]との戦線で功績を立て続け、晩年には[[劉禅]]を降伏させるなど平定に貢献した。
 
==経歴==
===蜀侵攻以前===
鄧艾は義陽郡棘陽県の人で、[[吃音]]であったが、知略と強い意志力を兼ね備えていた。穎川で文は世の範たり、行いは士の則たりと書かれた[[陳寔|陳太丘]]碑文を読んで、元服して'''鄧範'''、字を'''士則'''と名乗ったところ、一族で同じ名をつけた者が出たので、鄧艾、字は士載と変えている。[[曹操]]が[[荊州]]を征した時に故郷から連行され、汝南の[[屯田]]民とされた。『世語』によれば、12歳か13歳の頃、[[石苞]]とともに御者の仕事をし、ともに郭玄信に有能だと認められた。苦学して魏の屯田を司る典農の属官である稲田守叢草吏となった。同じ郡役人の父が鄧艾の家の貧しさに同情して、鄧艾に手厚い援助を施したが、鄧艾は全く御礼を言わなかった<ref>後に鄧艾は[[汝南]][[太守]]となると、亡くなっていたその役人の父を祭り、その役人の母に贈り物を与え、その役人の子を計吏に推挙した。</ref>。典農綱紀・上計吏となり、都に使者として赴き、[[司馬懿]]の抜擢を得て属官となり、[[尚書省|尚書]]郎となった。司馬懿・[[司馬師]]・[[司馬昭]]の司馬氏3代に亘ってその才能を高く評価され、重用された。
 
当時、田地を拡大して穀物を蓄え、賊国([[呉 (三国)|呉]]・蜀)を滅ぼすための基礎とする計画が立てられ、[[淮陽県|陳]]・[[項]]以東[[寿春]]までの地域に派遣され視察した。『済河論』を書いて運河の開通を進言した。司馬懿は進言を嘉し、全て実施に移した。備蓄された食糧があるうえに水害による被害もなくなったのは彼の建策のお蔭である。また貧しい下級官吏時代から周囲の嘲笑をも気にせず「将来必ず役立ててみせる」と、任地に赴任した際は直ちに自らの手で職掌地域の詳細な地図を作成したとされる。
鄧艾は略奪をせず、降伏者を元の仕事に復帰させたので、蜀の民に称えられた。また、魏朝廷の許可を得ず、独断で劉禅や魏の武将らに官職を与えている。綿竹で[[京観]]を築き、戦功の記念とした。その後、戦死した魏軍の将兵を(一度は京観にした)蜀兵の遺体と一緒に埋葬している。
 
鄧艾は大そう自分の手柄を自慢し、蜀の[[士大夫]]に向かって述べた、「諸君はわしに会ったおかげで、今日の日を迎えられるのだぞ。もし〔後漢の初め、蜀を攻め滅ぼした〕[[呉漢]]のような男に出会ったならば、とっくに破滅していただろう」<ref>呉漢は蜀の攻略時、公孫述・延岑の一族を皆殺しにしただけでなく、配下の兵に掠奪を許し宮室を焼いたため、[[光武帝]]は譴責している。</ref>また、「姜維は彼なりに当代の英雄であるのだが、わしと遭遇したために、追いつめられたのだ」ともいった。有識者はこれらの発言を嘲笑した。
 
蜀討伐の功績により、鄧艾は[[太尉]]に任命され二万戸を加増された。しかしその後、鄧艾は旧蜀領の占領統治を巡って独断専行的な姿勢が目立ち始めると、内外から不審の目で見られるようになる。
[[Category:刑死した人物]]
[[Category:河南省出身の人物]]
[[Category:吃音の人物]]
[[Category:264年没]]
 
3,146

回編集