「7月9日大通り」の版間の差分

wikified
m (r2.7.2) (ロボットによる 変更: ru:Проспект 9 июля)
(wikified)
[[Image:Buenos Aires - Monserrat - Avenida 9 de Julio.jpg|thumb|400px|7月9日大通りを北を向いて撮影]]
'''7月9日大通り'''または'''7月9日通り''' (Avenida 9 de Julio)とは[[アルゼンチン]][[ブエノスアイレス]]にある大通りである。名前はアルゼンチンの独立記念日である[[1816年]][[7月9日]]にちなんでいる。
 
[[ラプラタ川]]の岸からおよそ1キロメートル西にあり、北のRetiro地区([[:en:Retiro, Buenos Aires|英語版]])から南のConstitución station([[:en:Constitución station|英語版]])まで続いている。片側7車線で、道の両端にはさらにもう二車線、道路がくっついている。
[[Image:Avenida 9 de Julio (foto aérea inauguración).JPG|thumb|210px|left|1937年に通行が始まった時の写真]]
[[Image:Avenida 9 de Julio Mapa.jpg|right|thumb|175px|ブエノスアイレスにおける位置]]
7月9日通りの幅は非常に広い。これは碁盤の目のようになっているブエノスアイレスの、[[街区]]まるまる一つ分を通りとして使っているためである。隣の通りとの間隔はおよそ110メートルで、アメリカのニューヨークにある[[マンハッタン]]のそれよりも広い。
 
最初にこの通りが計画されたのは1888年のことで、その時の名前はAyohumaだった。だが周辺の地主や住民に長いこと反発され続け、1935年まで工事は始まらなかった。 最初の部分は1937年7月9日に使用が開始され、1960年代にはメインとなる部分が完成した。南部の接続は、有料道路のダウンタウン部分が完成した1980年以後に同じく完成した。
 
[[ブエノスアイレス地下鉄]]のC線は通りの真下を通っている。A線、B線、D線、E線は通りと交差する所に駅がある。特にB線、C線、D線は[[オベリスク]]の下に共有の駅がある。この駅は地下鉄のシステムの中心であり、小売店のある地下[[コンコース]]もある。駅の名前はそれぞれ、Carlos Pellegrini、Diagonal Norte、そして7月9日である。
 
この通りを地上で横断するには2~3分かかる。また全ての交差点に信号がある。普通のスピードで歩くなら、青信号2~3コ分である。この感覚的隔たりをなくすために、通りの地下を通行できるようにする都市計画もある。