「琉球の位階」の版間の差分

:基本的に国王の子、王叔、王弟の[[称号]]および位階名である。[[正室]]の子を直王子、[[側室]]の子は脇王子といった。また[[世子]](世継ぎ)は中城(ナカグスク)間切を[[采地]]としたため、特に[[中城王子]]と呼ばれた。王子は一代限りで、王子の子は[[按司]]となった。
 
:琉球での王子の称号の使用開始は、[[明]]の[[冊封]]を受けて、王号が使われ出した以降のことである。実際に王子号が用いられるようになったのは、第二尚氏王統が始まってしばらく経ってからと考えられている。第3代[[尚真王]]の時代に建立された[[玉陵の碑文]]([[1501年]])には、「中くすくのあんし まにきよたる(中城の按司・真仁堯樽、後の[[尚清王]])とあるように、王子のことをまだ「あんし(按司)」と呼んで表記している。
 
:後世の史書では、第一尚氏王統下の王の子や第二尚氏王統初期の頃の王の子にも王子号を用いているが、これは史書編纂の折、王子に相当する人物ということで王子号を用いたのであろう。実際には当時は王の子たちも按司を称していたと思われる。
:王族のうち、王子に次ぐ称号および位階名で、王子や按司の嗣子がなった。つまり、按司は王家の分家当主が賜るもので、日本の[[宮家]]当主に相当する。按司はアジまたはアンジと発音し、主(あるじ)からの転訛とも言われている。それゆえ、按司は当て字である。
 
:前項で述べたとおり、元来、[[按司]]は地方の支配者やその家族など、支配者階級にある人物の称号であったが、第二尚氏王統下になると、もっぱら王族の称号および位階名となっていった。当初は按司玉陵碑文に皆按司を称したが[[尚貞]]王の子並びに添御殿[[1692年]]以降大按司[[嗣子]]聞得大君みが称する按司、佐司笠の按司というように改められた。これには府財政母、上級神女問題敬称辞としても按司使ていたとされる。按司前項で見たように王の子大功があるとのちに王子位に陞(のぼ)と称すこともあったが、歴代当主よう功績がなければ、七代で士分に降格となった。赤地五色浮織冠か黄地五色浮織冠を戴き、金簪を差した。
 
:当初按司の子は皆按司を称したが、[[尚貞]]王の治世の[[1692年]]以降、[[嗣子]]のみが称するように改められた。これには王府財政の問題が関わっていたとされる。按司は大功があると王子位に陞(のぼ)ることもあったが、歴代当主に功績がなければ、七代で士分に降格となった。赤地五色浮織冠か黄地五色浮織冠を戴き、金簪を差した。
 
===上級士族===
1,472

回編集