「琉球の位階」の版間の差分

m
 
===上級士族===
[[士族]]のことを、琉球では士(サムレー)と言い、俗にユカッチュ(良かる人、の意)とも言った。なお、士族という用語は、1869年(明治2年)に[[明治政府]]が各藩の藩士(一門から平士まで)の族称として用いたのが最初である。古琉球期には「下司(げす)」とも呼んだ。「崇元寺下馬碑」(1572(1527年)に「あんしもけすもくまにてむまからおれるべし」(按司も下司もここにて馬から下りるべし)とある。
 
この下司と呼ばれる士族階層の中にはさらに、「あすたべ(三司官)」、「大やくもいた(大屋子もい達)」、「さとぬしべ(里主部)」、「げらへあくかべ(家来赤頭)」、「おゑか人」等の諸階層があった<ref>高良倉吉『琉球王国の構造』 吉川弘文館 1987年、132、133頁参照。</ref>。「あんしもけすも」とあるように、すでに16世紀初頭には、王族(按司部、思い子部)とそれ以下の士族階層とを区別する差別意識があったことがうかがえる。近世になると、下司はギシと発音して、主として地頭職にある上級士族を指すようになった<ref>『沖縄門中大事典』68頁参照。</ref>。
1,472

回編集