「エストゥールネル・ド・コンスタン」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.3) (ロボットによる 追加: et:Paul Henri Benjamin d'Estournelles de Constant)
[[Image:PaulBalluet.gif|thumb|300px|right|エストゥルネル・ド・コンスタン]]
'''エストゥルネル・ド・コンスタン'''(Paul-Henri-Benjamin d'Estournelles de Constant、[[1852年]][[11月22日]] - [[1924年]][[5月15日]])は、[[フランス]]の外交官で政治家である。[[常設仲裁裁判所]]の提唱者で1909年の[[ノーベル平和賞]]受賞者である。彼は[[サルト県]]の、[[十字軍]]の時代まで系譜が遡る古い貴族の家に生まれた。有名な政治家で作家の[[バンジャマン・コンスタン]]は大叔父にあたる。[[パリ]]の[[リセ・ルイ=ル=グラン]]で法律と東洋の言語を学ぶんだ後、1876年に外交官となった。
 
外交官になって最初の頃は[[モンテネグロ]]、[[オスマン帝国]]、[[オランダ]]、[[イギリス]]、[[チュニジア]]などに赴任し、1882年に外務省[[レバント]]局の助教授としてパリに戻ってきた。1890年には再び外交官として[[ロンドン]]に赴き、イギリスの[[植民地]]との紛争を仲裁した。彼は外交官としての仕事に限界を感じ、1895年に議会に転身した。1904年には[[元老院 (フランス)|元老院]]議員となり、1924年まで務めた。