「ポスト構造主義」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.2+) (ロボットによる 追加: ar:ما بعد البنيوية)
'''ポスト構造主義'''(ぽすとこうぞうしゅぎ、Post-structuralism)は1960年後半から1970年後半ごろまでにフランスで誕生した思想運動の総称である。アメリカの学会で付けられた名称であり当のフランスではあまり用いられなかった。「反」構造主義ではなく文字通り「post(~の後に)構造主義」と解釈すべきであるが明確な定義や体系は存在しない。[[構造主義]]、[[アンチヒューマニズム]]、[[ポストモダン]]とそれぞれ関係があり[[啓蒙思想]]を否定する。[[現象学]]に影響を受けており、批評家のコリン・デイヴィスは「ポスト構造主義者でなく厳密にはポスト現象学者と言うべきである」と主張している。
 
代表的な思想家は[[ミシェル・フーコー]]、[[ジャック・デリダ]]、[[ジル・ドゥルーズ]]、中期の[[ジャン=フランソワ・リオタール]]、後期の[[ロラン・バルト]]など。もっとも、これら思想家の間には、構造主義を批判するという共通性は認められるものの、思想的な共通性や関連性は必ずしもなく、これらの思想家で自らをポスト構造主義者と規定した者はいない。
 
==ポストモダンとの違い==
[[ポストモダン]]は1870年代前半にジョン・ワトキンス・チャップマンが、フランス印象派を超えた表現方法としてポストモダン・スタイルを提唱したのが始まりと言われる。哲学ではリオタールが『ポストモダンの条件』(1984)を記した前後からポスト構造主義を[[ポストモダン]]と呼ぶようになる。しかし内容を見てもポスト構造主義との大きな違いはない。ポストモダンがポスト構造主義と異なった論文であるという特定はいまだにできずにおり、ポスト構造主義者あるいはポストモダニストという名称は他者(あるいは本人)がそのように呼んでいるということにすぎない。
 
==脚注==
==参考文献==
*キャサリン・ベルジー 『ポスト構造主義』 折島正司訳、岩波書店、ISBN 4000268694
* [[平野和彦]][http://100.yahoo.co.jp/detail/%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%83%88%E6%A7%8B%E9%80%A0%E4%B8%BB%E7%BE%A9/ 「ポスト構造主義」(Yahoo!百科事典)]
 
==関連項目==
匿名利用者