「婦女暴行」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''婦女暴行'''(ふじょぼうこう)とは女性に対して[[性行為]](セックス)など[[わいせつ|淫らな行為]]を強制し力で相手を抑圧する行為のことを指す。「強姦」を置き換える用語で主に[[新聞]]などの[[マスメディア]]による[[報道]]で用いられ「強姦」の婉曲表現
 
これ以外にも、強姦を「暴行」および「女性暴行」と置き換えることもある。
なお、ただの「暴行」だけでは強姦を[[暴行罪|刑法第208条の「暴行罪」]]と混同し、強姦が極めて刑の軽い犯罪行為という間違った解釈がなされ、[[性犯罪]]の実態と犯罪としての重大性を知る機会を失うため、あえて「暴行」という語は使うべきではなく、強姦なら「強姦」「レイプ」などとはっきり報道すべきだと主張する意見もある([[光市母子殺害事件]]の遺族など)。また、「姦」という漢字が[[女性差別]]に当たるということが、[[フェミニスト]]などによって指摘されている(下記参考文献参照)。
 
なお、ただの「暴行」だけでは強姦を[[暴行罪|刑法第208条の「暴行罪」]]と混同し、強姦が極めて刑の軽い犯罪行為という間違った解釈がなされ、[[性犯罪]]の実態と犯罪としての重大性を知る機会を失うため、あえて「暴行」という語は使うべきではなく、強姦なら「強姦」「レイプ」などとはっきり報道すべきだと主張する意見もある([[光市母子殺害事件]]の遺族など)。また、「姦」という漢字が[[女性差別]]に当たるということが、[[フェミニスト]]などによって指摘されている(下記参考文献参照)。
 
==脚注==
{{reflist}}
 
== 参考文献==
271

回編集