「箕作佳吉」の版間の差分

編集の要約なし
'''箕作 佳吉'''('''みつくり かきち'''、男性、[[安政]]4年[[12月1日 (旧暦)|12月1日]]([[1858年]][[1月15日]])-[[明治]]42年([[1909年]])[[9月16日]])は、[[江戸]]生まれの[[動物学者]]。[[箕作秋坪]]の三男で、母つねは[[箕作阮甫]]の三女。[[数学者]]・[[菊池大麓]]の弟にあたり、[[歴史家]]・[[箕作元八]]の兄でもある。
 
[[アメリカ合衆国|米国]]、[[イギリス|英国]]に留学し、帰国後[[東京大学|東京帝国大学]]理科大学で[[日本人]]として最初の[[動物学]]の教授となり、その後理科大学長を務めた。[[動物分類学]]、[[動物発生学]]を専攻。
匿名利用者