「Wikipedia:井戸端/subj/チェックユーザー依頼における合意形成について」の版間の差分

 
:Ritisさん、コメントをいただきましてありがとうございます。端的に申し上げて、結局の所、「どれだけ丁寧に状況や過去の出来事の確認を行なうか」というところの「差」であると感じております。Ritisさんのおっしゃられるような意見交換のスタンスこそが、本来ウィキペディアで推奨されるものかもしれませんが、私は、投稿ブロック依頼における状況や、Madamada123氏、Kor2011氏のログを確認し、また、Madamada123氏が「抗弁をやめない」姿勢をくずさなかった事から、自説を押し通すために、これまで用いていた(あるいはこれから用いる)アカウントを用いてブロック破りを繰り返す可能性が高いと判断し、CU依頼の実施提案、および、CU依頼で賛成票を投じました。<u>「コメント依頼で緊急性について一言もふれていないのだから緊急性はなかった、よって本CU依頼は依頼不備である」</u>とお考えなのでしたら、<u>「わざわざ緊急性について言及せずとも、高い確率で荒らし行為、ブロック破りの証拠があり、かつ、その行為が繰り返される可能性が出て来た時点で、緊急性がある」</u>と<u>私は</u>考えております。つまり<u>「CUやりましょう」という提案を受けた時点で、調査対象者に対する処置・処分には、それなりの緊急性があると思う</u>のです。ただし、最終的にCUを行い、結果を提示するのは管理者の方であり、管理者の方のご判断が全てです。<u>CUが行なわれない可能性も十分あります。</u>それから、<u>合意形成については、[[Wikipedia:コメント依頼/Madamada123、Kor2011、他#コメント|Madamada123氏のコメント依頼で、私と森藍亭さんがCU実施に賛成という意見を投じた時点]]で、</u><u>このコメント依頼の提出者のResto1578さんは、「合意形成がなされた」と判断した、つまり、「コメント依頼でCU実施に必要な手続きを終えた」と判断なさった</u>わけですね。</u>今回のCU依頼における「合意形成」は、Ritisさんが想像しておられるほど複雑な手続きを経て行なわれたものではないわけです。上記コメントを拝見した限り、Ritisさんご自身が考えていらっしゃるような議論のあり方やペース、時間のかけ方とはかけ離れた形で「合意形成」が行なわれたが、そのことをRitisさんは納得できない、という状況であると、私の目には映ります。が、正直に申し上げて、<u>ウィキペディアは様々な人が共同で(しかも、多くの人の場合は本業の合間、忙しい時間の合間をぬって)参加し、発展させているプロジェクトである以上、Ritisさんのおっしゃるような「丁寧で時間をかけた事実確認」などが行なえるユーザーが、その場(この場合はMadamda123氏へのコメント依頼の場)に居合わせないケースもあり得る</u>わけです。今回のように、<u>Ritisさんの目から見れば「時間をかけていない」「雑」「確認不足」と映るようなケースでも、ルール上「合意形成」が認められる(というか、覆す理由が無い)ケースも、ウィキペディアでは起こりえます。</u>失礼を承知で申し上げますが、「個人的指針」にそぐわない形で行なわれた合意形成について、これほどまでに拘泥なさる理由はなんでしょうか?・・・今回のCU依頼を、Resto1578さんが取下げることを期待しているのでしょうか・・・?なんて愚かなやつだ、と私の事を思われるかもしれませんが、これほどまでに「短時間かつ少人数での合意形成」に異議を唱えられる姿勢は、私にはちょっと理解しがたいものです。長文失礼いたしました。<small>・・・Ritisさんごめんなさい。私には、Ritisさんのおっしゃる事はどれもある意味正論なのですが、同時に、個人的な価値観の押し付けに映ります・・・ある程度時間をおいたら「滅多なことが起きる」それもまたウィキペディアの現実ではないでしょうか?(なお、「滅多な事が起きているなら実例を示せ」とおっしゃられても、お答えいたしかねます。強いて言うならば、削除依頼ページを巡回してみることをお勧めいたします。目を覆いたくなるような事が、毎日起きていますよ・・・悲しい事に。)</small>--[[利用者:Rienzi|Rienzi]]([[利用者‐会話:Rienzi|会話]]) 2012年9月10日 (月) 16:33 (UTC)
:{{コ}} 現在の[[Wikipedia:チェックユーザーの方針]]を読んだところの、私の理解は以下のようなものです。まず「[[Wikipedia:チェックユーザーの方針#日本語版でのチェックユーザー情報公開規定]]」における「''5. その他、特にコミュニティがチェックユーザーの必要があるとの合意に達したとき、かつ提案から24時間以内に反対がない、またはほぼ賛成で合意が取れているとき。''」とは、チェックユーザー依頼を提出した<ins>あと</ins>のことを示しているのだと考えます。CU依頼が投票形式であること、また前期文章の但し書きに「''ほぼ賛成で合意が取れている、とは、有効票のうち有効賛成票が75%以上を占めている場合とする''」とあることが理由です。一方、同ページの「チェックユーザーツールの使用」節の中の[[Wikipedia:チェックユーザーの方針#チェックユーザー依頼の手順|#チェックユーザー依頼の手順]]節での解説では<blockquote>「''依頼することについて、投票のノート、ブロック依頼のノート、コメント依頼などで議論をお願いします。依頼すると合意に達してから依頼してください''」</blockquote>さらに<blockquote>「''チェックユーザーの合意は通常よりも強い合意を必要とします。なぜならチェックユーザーはやり直しができない上にやってしまったチェックユーザーは取り消せないからです。ウィキペディアでは一定期間待って反論が無い場合に合意が形成されたとみなす慣例がありますが、チェックユーザーではその程度の賛意で合意を形成したと見なすべきではありません。複数人による明確な合意が文章として明示されることが必要です。''」</blockquote>と書かれています。これがCU依頼を提出する<ins>前</ins>のことを示しているのは明らかです。
:従いまして今回の事例では、コメント依頼での議論が「''チェックユーザーの合意は通常よりも強い合意を~''」を充分に考慮したものであったかどうかを検討する必要があると思います。緊急性の点については、例えば削除依頼ではプライバシー案件に「緊急」の印をつけて速やかな処理が求められることを示しますが、CUにおいても、それに準ずる要件がある場合のみ、緊急に処理が行われるべきものであると思います。合理的な反対意見が予期されないような場合には、さっさと処理してしまってもよいとは思います。--[[利用者:Calvero|Calvero]]([[利用者‐会話:Calvero|会話]]) 2012年9月12日 (水) 14:51 (UTC)
20,476

回編集