「パルメニオン」の版間の差分

編集の要約なし
'''パルメニオン'''([[ギリシア語|希]]:Παρμενίων, ラテン文字転記:Parmenion, 紀元前400年頃 - [[紀元前330年]])は古代[[マケドニア王国]]の武将で、[[ピリッポス2世]]と[[アレクサンドロス3世]](大王)に仕えた。父は[[フィロタス (パルメニオンの父)|フィロタス]]で、[[アサンドロス]]、[[アガトン (フィロタスの子)|アガトン]]という二人の弟がいる。子としては父と同名の[[フィロタス]]、[[ヒュパスピスタイ]]を率いた[[ニカノル (パルメニオンの子)|ニカノル]]、アレクサンドロスの侍従となった[[ヘクトル]]、そして[[コイノス (将軍)|コイノス]]と[[アッタロス (将軍)|アッタロス]]に嫁いだ二人の娘がいる
 
[[フィロタス (パルメニオンの父)|フィロタス]]の子であり、兄弟に[[アサンドロス]]、[[アガトン (フィロタスの子)|アガトン]]、子に[[フィロタス]]、[[ヒュパスピスタイ]]を率いた[[ニカノル (パルメニオンの子)|ニカノル]]がいる。
 
== ピリッポス2世時代 ==
[[紀元前338年]]の[[カイロネイアの戦い]]でピリッポス2世は[[アテナイ]]・[[テバイ]]連合軍を破り、ギリシアでの覇権を手にした。この戦いでパルメニオンは当時王子であったアレクサンドロスと共に左翼の騎兵部隊を率い、[[ボイオティア]]軍を壊滅させた。
 
その後、ピリッポス2世はペルシア遠征を目論み、その前段階としてパルメニオン率いるをアッタロス、[[カラス (将軍)|カラス]]と共に先遣隊として[[小アジア]]に送った。しかし、ピリッポス2世が暗殺されたため、ペルシア遠征はアレクサンドロスに引き継がれることとなった。
 
== アレクサンドロス3世時代 ==
 
== 没落 ==
アレクサンドロス3世は紀元前330年にパルメニオンの息子ニカノルがした直後、路線対立からパルメニオンの息子フィロタスに大王暗殺の陰謀に関わったとの冤罪を被せ殺害したとされる。さらに、パルメニオンが一軍を率いて遠征軍の補給路上にいることから、パルメニオンにもパルメニオンの信頼厚い友人3人を送り[[メディア]]で紀元前330年に殺害した。
 
{{DEFAULTSORT:はるめにおん}}
3,146

回編集