「ワールド・エアウェイズ30H便大破事故」の版間の差分

アメリカ国立気象局 (NWS) によると、事故日の気象は巨大な低気圧が[[五大湖]]の上空にあり、これがその一帯を雪の大荒れにしていた。気温は、氷点下に達しそうであった。
 
[[ワールド・エアウェイズ]]30H 便(マクダネル・ダグラス DC-10-30CF、[[機体記号]]:N113WA)は、[[カリフォルニア州]][[オークランド (カリフォルニア州)|オークランド]]を出発して、途中[[ニュージャージー州]][[ニューアーク (ニュージャージー州)|ニューアーク]]を経由し、最終目的地の[[ボストン]]ローガン空港行きの定期旅客便だった。
 
ボストン・[[ローガン国際空港]]の滑走路 15R への非精密進入方式によるアプローチの後、ディスプレイスト・スレッシュホールドのおよそ 850[[メートル]](2,800[[フィート]])先の地点(滑走路の残りがおよそ2,000メートル)に接地した。フライトクルーは[[スラストリバーサ]]、グラウンド[[スポイラー]]、メカニカルブレーキ等の制動手段をすべて使って停止しようとしたが果たせず、機体は滑走路端を過ぎ堤防を乗り越えてボストン湾の浅瀬に突っ込んだ。
匿名利用者