「ウズベク」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
民族国家として、中央アジアでもっとも人口の集中した[[トランスオクシアナ]]地方の大半を領土とする[[ウズベキスタン|ウズベキスタン共和国]]を持つほか、[[中華人民共和国|中国]]の[[新疆ウイグル自治区]]と[[アフガニスタン]]の北部[[マザーリシャリーフ]]周辺にもそれぞれ数十万人が住む。
 
== 名称 ==
自称は'''O‘zbek'''で、まれに'''オズベク'''とも表記される。ウズベク(オズベク)は、[[テュルク諸語|テュルク語]]で「自分」を意味するオズ(öz)と「君主」を意味する[[ベグ]](beg)が[[語源]]で、「自身が主」を意味するという。この名が民族名に使われたのは、[[ジョチ・ウルス]](キプチャク・ハン国)の最盛期を築き、支配下の[[遊牧民]]たちを[[イスラム教]]に改宗させた[[ウズベク・ハン]]に由来するとの説が有力であり、[[15世紀]]頃に中央アジアの南部にいたチャガタイ・トルコ人([[ティムール朝]]の人々)が北のジョチ・ウルス東部の遊牧民たちを「ウズベクたち」(ウズベク族)と呼んだことが知られる。これを後述する現代のウズベク民族と区別する必要があるときはとくに'''遊牧ウズベク'''と呼ぶ。
 
== 歴史 ==
ウズベクを率いた[[シャイバーニー朝]]が[[16世紀]]はじめに南下、ティムール朝を滅ぼしてトランスオクシアナ周辺に定住して以来、ウズベクとは西トルキスタン南部に住む[[テュルク系]]遊牧民のことを指した。一方で、遊牧民から定住化するウズベクも増え、もともとのテュルク語と[[ペルシア語]]系の言葉との[[バイリンガル]]になってそれまでの定住民(チャガタイ・トルコ人や[[タジク人]])との違いがみられない者も都市では珍しくなくなった。このように定住化したウズベクが担った国家はトランスオクシアナの[[ブハラ・ハン国]]、ホラズムの[[ヒヴァ・ハン国]]、フェルガナの[[コーカンド・ハン国]]の3国があり、総称してウズベク3ハン国と呼ばれる。これら3国は[[19世紀]]後半に[[ロシア帝国]]によって併合もしくは保護国化され、ロシアはこの地方の[[ムスリム]]定住民を言語に関係なく'''[[サルト人|サルト]]'''と呼んだ。
 
197

回編集