「琉球の位階」の版間の差分

|文子||||
|}
地方官吏のことを地方役人(じかたやくにん)と呼ぶ。オエカ人(オエカは役職の意)ともいう。地方役人には大きく分けて間切役人と村役人の二種類がある。また沖縄本島及び離島と両先島との間にも役人制度に相違があった。
地方役人(じかたやくにん)の位階は下記の通りである。
 
地方役人は身分は百姓(平民)であったが、上級役人になると「オエカ地」(役地、役職に応じて与えられる土地)が与えられ、王府への上納分以外は自分の取り分となった。他にも、夫地頭になると村の百姓を年2回使役できるなど種々の特権があった。このため、中間搾取や地位乱用をする悪徳役人も多く、方言のウェーキ(財産家)の語源はここから来ているという。
 
このことは、[[尚灝王]]の「上下やつめて、中や蔵立てて、奪い取る浮き世、治め難しや」(士族や百姓は生活を切り詰めているのに、中間にいる地方役人は蔵を建てて搾取している。治めがたい世の中である)という嘆きの琉歌からもうかがえる<ref>『沖縄大百科事典』中の「地方役人」283頁。</ref>。
 
*'''地頭代'''
地頭代(じとうだい、方言でジトゥデー)は、[[間切]]行政の現地最高責任者で、現代の村長に相当する。『[[球陽]]』の尚寧23年(1611年)の項に、「王、諸群ノ按司掟(あじうっち)ヲ裁チテ、始メテ地頭代ヲ建ツ」とあり、薩摩侵攻以後に設けられた役職である。身分は百姓であったが、在職中は名島として親雲上の称号を許され、「……親雲上」と称し、黄冠を戴いた。
1,472

回編集