「琉球の位階」の版間の差分

[[画像:位階別冠(ハチマチ).JPG|thumb|180px|琉球國の位階別冠(ハチマチ) 首里城で撮影]]
[[image:Dress_of_Oji_and_Aji.jpg|thumb|王子按司大礼服並通常服着装図。右が大礼服(五色浮織冠に緑袍)、左が通常服。]]
王族のことを[[按司部]]という<ref>高良倉吉『琉球王国』<岩波新書> 岩波書店 1993年、141頁参照。</ref>。また、国王の子女を、古くは「おもいぐわべ(思い子部)」とも言った。「おもい」は接頭美称、「ぐわ」は子供、「べ」は階層の意味である。
 
王族は九品十八階のさらに上位に位置し、最高品位の無品(むほん)とされた。王子や按司は国王の親族のため、公平性を期すため最高職である[[琉球の摂政|摂政(シッシー)]]を例外とすれば、系図奉行や寺社奉行など直接る要らない役などかず、儀典関係や防災の長官職につくことが多かった。王子、按司は一[[間切]](今日の[[市町村]])を采地([[領地]])として賜り、一括して[[按司地頭]]とも呼ばれた。また、[[親方 (沖縄)|親方部]]に属する[[総地頭]]と併せて、広義には総地頭とも称する。
 
王子、按司は、一般に采地とする間切名を家名にして今帰仁王子、本部按司などと称した。また、王子、按司の邸宅は[[御殿 (沖縄)|御殿(ウドゥン)]]と呼ばれ、これがそのまま按司家を指す尊称にも使われた。[[今帰仁御殿]]、[[本部御殿]]のごとくである。なお馬氏[[国頭御殿]]は王族以外の御殿家としては唯一の例外である。
1,472

回編集