「三塁手」の版間の差分

編集の要約なし
右打者が強烈に引っ張った打球が多いこともあり、やや肩の弱い選手でも守備位置をやや前に出すことで三塁手をこなすことが出来る。逆に遊撃手ができる程度の肩を持った三塁手の場合、守備位置を下げることで守備範囲を広げることができる。また、右投げ・左投げいずれも存在する一塁手とは違い、打球処理の都合から、左投げの三塁手はほとんど存在しない。
 
一方で、他の内野守備位置に比べると連携やカットプレーが少なく、三塁付近を離れることが少ないため、複雑な動作を求められることは少ない。また、一般的に守備の体力負担が少ないと言われる[[一塁手]]や[[外野手]]に比べても、走者が三塁にいること自体が比較的少ないために牽制による動きも少なく、守備の負担はそれほど多くないポジションである。そのため、日本のプロ野球では三塁手を強打者に担当させ、試合中の意識を守備よりも打撃に集中させ易くする傾向がある。
 
また、硬式野球と[[軟式野球]]とでは特に性質が異なるポジションでもある。前述したように硬式野球の場合は、特に強い打球を処理することに重きを置いているため、定位置は三塁より若干外野側に下がって守るのが一般的である。しかし、軟式野球では、当たりそこねによる回転に癖のある緩い当たりが非常に多いため、三塁からやや本塁方向に近寄って守備位置をとることが多い。そのため、捕球技術などの守備の巧さを重視した選手起用をすることも多い。
匿名利用者