「グロープラグ」の版間の差分

m編集の要約なし
[[ディーゼルエンジン]]は、[[吸気|吸入した空気]]を高い[[圧縮比]]で高温にすることで[[燃料]]の自己[[着火]]を可能にしており、着火のための[[電装]]品が不要であることも長所のひとつとなっているが、[[シリンダーヘッド]]や[[シリンダーブロック]]が冷え切った冷間時には、短時間の[[セルモーター|クランキング]](数回の圧縮)では[[燃焼室]]の壁面温度が上がらず、始動不良を起こし、始動直後も[[失火]]しやすい。このため、燃焼室内に補助熱源として予熱栓(グロープラグ)が備えられる。
 
予燃焼室式や渦流室式などの[[燃焼室#副室式|副室式]]ディーゼルエンジンの燃焼室内の、[[噴射ポンプ|噴射された燃料]]が直接触れる位置に装備される。始動前にエンジンスイッチをON位置にする、または別途設けられた専用のスイッチを入れることでグロープラグに通電し、赤熱させる。旧式のエンジンでは、[[ダッシュボード (自動車)|ダッシュボード]]にグロープラグと[[抵抗]]値を合わせた[[ニクロム]]線を使ったインジケーターがあり、その赤熱具合で余熱状態を確認きるようになっていたが、数秒から[[気温]]によっては30秒程度の時間を要し、その間スイッチを保持していなければならなかった。
 
その後、[[水冷エンジン]]では冷却水温を余熱時間に反映する制御を採り入れ、インジケーターもニクロム線を模した[[橙色]]のランプ(予熱表示灯)へと変わってメーターパネルに移動し、操作はメインスイッチ(キー)をONにするだけで良くなった。さらに[[1980年代]]後半以降はグロープラグのヒーター材質と回路の改良により、数秒以下で赤熱が完了し、ほとんど待ち時間のないクイックグロー方式が一般化し、始動後のアフターグロー(失火、白煙防止用の通電)も自動化されている。
匿名利用者