「中学造士館」の版間の差分

|}
 
明治29年(1896年)9月3日、鹿児島高等中学造士館廃止が告示された。その理由として『鹿児島県史 第四巻』(1943年)及び『鹿児島県教育史 下巻』(1961年)は「都合により」、『鹿児島市史 第三巻』(1971年)は「島津忠重はこれを深く遺憾とし」と述べているが、『鹿児島学校と三州義塾 史料と政治的背景についての考察』<ref>前出。「鹿児島純心女子短期大学研究紀要第13号」、p110、1983年、芳即正</ref>には「当然運営経費の増加が見込まれ、島津家ではその負担に堪え得ないとして、明治29年度で高等中学造士館は廃止することになった」とある。廃止後、本科在籍生は[[第五高等学校 (旧制)|第五高等学校]]などに転校したが』<ref>もちろん、本科2年は卒業するので、ここで本科としているのは本科1年から2年に進級する予定だった学生を示している。(高等学校3年への編入)</ref>、予科在籍生の転校先はなかった。廃止の2年前である明治27年(1894年)には、鹿児島県尋常中学校<ref>前出。のちの鹿児島県立第一鹿児島中学校→鹿児島県立鶴丸高等学校</ref>が設立されていたが、同校への吸収策は採られず、県庁管理による造士館復活となった。
 
===鹿児島県尋常中学造士館===
匿名利用者