「阪神タイガース/log20220504」の版間の差分

主にマスコミなどで、対[[読売ジャイアンツ]]戦を「'''[[伝統の一戦]]'''」と表現されることがある。「西の景浦、東の沢村」「(職業野球は)沢村が投げて、景浦が打って始まった」とも呼ばれ、戦前の野球ファンの注目の的となった。
 
1936年にプロ野球が始まって以降、11シーズン中8度の優勝を果たしていた巨人に対して、阪神は残り3シーズンで優勝を果たすなど、プロ野球を代表する強豪同士だったといえる。実際、1949年までの1リーグ時代の対戦成績は阪神の85勝84敗3分と拮抗していた。しかし2リーグ分裂時に阪神の主力選手が大量に引き抜かれたせいで巨人との戦力格差が生じてしまい、阪神の長い低迷もあり、20112012年までの通算成績は阪神の7507559599746266分で、7778シーズン中の7割に当たる5354シーズンで巨人に負け越している。阪神は2リーグ初年度の1950年から1961年までは1度も巨人に勝ち越すことができず(1958年はタイ)、1986年から2002年までは17年連続で巨人に負け越した。1950年から2002年までの53シーズンで阪神が巨人に勝ち越したのはわずか6シーズン、タイが1シーズンと一方的な展開となっていた。
 
それでもこのカードが「伝統の一戦」と表現されるのは単純な勝敗を超えて、戦前の野球ファンの注目の的となった「沢村 vs 景浦」に始まり、「ミスタータイガース・村山実 vs ミスタージャイアンツ・長嶋茂雄」「奪三振王・江夏豊 vs 本塁打王・王貞治」「ミスタータイガース・掛布雅之 vs 巨人のエース・江川卓」といった人気選手同士の真剣勝負など、日本を代表する人気球団同士のライバル関係も同時に示しているからである。
 
なお、2003年に阪神が18シーズンぶりに巨人に勝ち越してリーグ優勝を果たして以降は阪神の巻き返しが目立ち、この年以降の阪神-巨人戦は2008年と2012年を除き、全て阪神が勝ち越すか、タイという成績になっている(2003年-2012年の10シーズンに限れば、阪神が122勝111敗11分と勝ち越している)。2003年から2005年までは2リーグ分裂後初めて阪神が3年連続で巨人に勝ち越し、2009年から2011年までは3年連続でタイとなっている。
 
==== 年度優勝決定戦と太平洋ホームラン ====
967

回編集