「原子力発電所」の版間の差分

編集の要約なし
'''原子力発電所'''(げんしりょくはつでんしょ、{{lang-en-short|Nuclear power plant}})とは、[[ウラン]]や[[プルトニウム]]が[[核分裂反応]]をする際に発生する熱でタービンを回して[[気]]を起こ[[発電所]]のことである。一般に[[核燃料]]を使用して電気を起こすことから、'''核発電所'''(かくはつでんしょ)ともいう。略称として、日本語では'''原発'''(げんぱつ)と略される。
 
''この記事では主に世界の原子力発電所の<u>施設</u>に重を置いて扱う。''
* 特に原子力発電の原理や仕組み、放射線の影響などについては、[[原子力発電]]を参照。
* 特に日本の原子力発電所については、[[日本の原子力発電所]]を参照。
* 特に原子力発電所の事故については、[[原子力事故]]も参照。
 
== 歴史 ==
[[1942年]]、[[シカゴ大学]]の[[エンリコ・フェルミ]]が、実験炉で原子力発電の原理となる核分裂の連鎖反応を行うことに成功した。1945年にアメリカで核分裂連鎖反応を利用した[[原子爆弾]]が開発された。原子力発電は[[1951年]]に発電を行った実験炉、[[EBR-I]]から始まる。EBR-Iの当初の発電容量は1kWであった。1954年には最初の[[原子力潜水艦]]が進水している。世界最初の原子力発電所は、[[1954年]]6月に運転を開始した[[ソビエト連邦|ソ連]]の[[オブニンスク原子力発電所|オブニンスク発電所]]<ref name="nihongenshiryoku">『日本原子力学会誌』Vol.49</ref>である。ソ連、アメリカ以外に、[[イギリス]]、[[カナダ]]、[[フランス]]、[[ノルウェー]]などで[[原子炉]]がつくられた。
 
法整備(例えばアメリカの[[マクマホン法]](1946年7月)など)や、国同士の協定の締結(西側諸国に対抗してソ連を中心とした締結など)も進んだ。1954年7月に国連において原子力に関わる国際会議、第1回ジュネーブ会議が開催された<ref name="nihongenshiryoku"/>。
日本の原発に関連し、1955年2月、シドニー・イエーツ米国下院議員が広島に6万キロワット級原発を建設する法案を提出している<ref>http://www.jcp.or.jp/akahata/html/senden/2011_genpatsu/index.html 原発の源流と日米関係</ref>。
 
西側において初めての商用原子力発電所となるのはイギリスの[[コールダーホール原子力発電所|コールダーホール]]1号炉である。運転開始は1956年10月17日であり、出力6万キロワット、炉の形式は[[黒鉛減速炭酸ガス炉]](GCR)であった。後にこの形式の炉はコールダーホール型、あるいは[[マグノックス炉]]と呼ばれた。なお、コールダーホール原発は[[2007年]]9月、老朽化のため爆破解体された。
 
アメリカでは、[[シッピングポート発電所]]が初となる。運転開始は1957年12月18日、出力は10万キロワット、炉の形式は[[加圧水型原子炉]](PWR)であった。なお、シッピングポート発電所は[[1982年]][[10月1日]]に閉鎖された。アメリカでの原子炉発注ブームは、1966年から1974年までの9年間であった<ref name="脱原発"/>。
その後、原子力発電所は発電に際していくつかの問題を抱えているため(後述の[[原子力発電#問題点]]を参照)、[[原子力撤廃]]の流れがあったが、原油の価格高騰と[[地球温暖化]]防止を背景として、原子力発電所の建設を推進する動きが出てきている<ref>『フジサンケイビジネスアイ』2006年11月2日付配信</ref>。
 
しかし、[[2000年]]代後半に鋼材などの材料費が高騰し(例えば、アメリカで150万キロワットkwの原子炉を建造する場合、[[2005年]]頃には約30億ドルで可能だったのが、[[2008年]]には約70億ドルとなった<ref name="20080715nikkeibo">「原発巡り絡まる思惑 共和党マケイン氏の推進策が波紋」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年7月15日付配信</ref>)、原子力発電所は政府の支援抜きには語れない存在となっていった<ref name="20080715nikkeibo"/>。
 
米国では1979年3月の[[スリーマイル島原子力発電所事故]]以来、原発の新設計画が停止されていたが<ref name="脱原発">新規発注はスリーマイル島事故発生前年の1978年が最後であった。なお、1974年以後の発注では1基も完成していない。長谷川公一『脱原子力社会へ -電力をグリーン化する-』岩波書店 岩波新書(新赤版)1328 76ページ 2011年9月 ISBN 978-4-00-431328-1</ref>、2001年からのブッシュ(息子)政権が推進政策に転換(原子力ルネサンス)し、法人税控除などの優遇措置が講じられ、当政権期に原発新設が30基分も計画されたが、2011年6月までに1基も建設工事が始まっておらず、2010年時点で撤退が目立ちはじめていた<ref name="脱原発"/>。地球温暖化対策を重点に置く[[バラク・オバマ]]政権にも引き継がれた。その結果、事故以来初めての原発として[[メリーランド州]]カルバートクリフス原発第3号機が計画中であったが、2010年10月にコスト上のリスクが高いとして中止され、建設中止が30年以上(1970年代半ばから2011年の間)続くことになった<ref>[http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010101101000099.html 共同:米で原発新設計画を凍結 コスト面に問題]</ref>。
* [[三菱重工業]]
* [[東芝]]([[ウェスティングハウス・エレクトリック]] (WH)を買収)
* [[GE日立GEニュークリアエナジー]]([[日立製作所]]と[[ゼネラル・エレクトリック]] が原子力事業で経営統合)
* [[バブコック・アンド・ウィルコックス]](原子力プラント製造そのものは撤退しエンジニアリングに特化)
 
世界的なメーカーの[[寡占]]化が進んだ結果、2008年現在では、アレヴァ-三菱、東芝(WH)、GE-日立の3グループに絞ら集約さていつつある。
 
== 世界の原子力発電所の一覧 ==
* [[日本の原子力発電所]]
* [[廃炉]]
; 事故災害
* [[原子力事故]]
* [[スリーマイル島原子力発電所事故]]
* [[東京電力原発トラブル隠し事件]]
* [[九州電力やらせメール事件]]
* [[原発ジプシー]] - [[非正規雇用|臨時雇用]]の原発労働者を描いた[[ノンフィクション]][[小説]]
* [[核テロリズム]] - 原発を狙ったテロもこの一種
 
== 外部リンク ==
 
{{DEFAULTSORT:けんしりよくはつてんしよ}}
[[Category:原子力発電所|* ]]
[[Category:エネルギー政策]]
[[Category:発電所の一覧]]
匿名利用者