メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
[[永久 (日本)|永久]]3年([[1115年]])、[[左大臣]][[源俊房]]の子で醍醐寺14代[[座主]][[勝覚]]が開く。当初は'''灌頂院'''と称したが、後に[[仏教]]の[[三宝]]にちなんで現在の名に改めたという。[[康治]]2年([[1143年]])に[[鳥羽天皇|鳥羽上皇]][[御願寺]]となる。 
 
[[鎌倉時代|鎌倉]]から[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]にかけて、[[成賢]](7世)・[[憲深]](11世)・[[賢俊]](21世)と高僧を輩出し、[[足利尊氏]]から厚く保護された。特に[[足利義満]]の[[猶子]]となった25世[[満済]]は、[[応永]]3年([[1396年]])に醍醐寺座主に任じられ、続いて[[准三后]]となり、後には[[足利義教]]の[[室町幕府]][[征夷大将軍|将軍]]擁立にも活躍したため、「'''[[黒衣の宰相]]'''」と呼ばれた。以後、歴代院主が醍醐寺座主を兼ねる慣例が成立する。また、古くから醍醐寺は[[真言宗]]系の修験の中心であったが、この頃から三宝院が真言宗系の修験者・[[山伏]]の取締にあたるようになる。
 
ところが、[[応仁の乱]]で三宝院が焼失してしまい、廃寺同然となるが、[[安土桃山時代]]に醍醐寺金剛輪院の院主であった[[義演]]が[[豊臣秀吉]]の信頼が厚く、金剛輪院を中心に有名な「[[醍醐の花見]]」が開かれた。義演は准三后となり、秀吉の許可を得て三宝院32世を名乗り、金剛輪院を三宝院と改称した。桜で有名な[[醍醐寺三宝院庭園]]はその時期に整備された。義演は[[徳川家康]]からも信任を受け、[[江戸時代]]初期の[[天台宗]]系修験道である[[本山派]]本山の[[聖護院]]との相論では[[江戸幕府]]の支援を受けて、[[慶長]]18年([[1613年]])に[[修験道法度]]が制定された。
569

回編集