「石原慎太郎」の版間の差分

== 略年譜 ==
* [[1932年]] (昭和7年)
:** [[9月30日]] - [[兵庫県]][[神戸市]][[須磨区]]にて海運会社[[商船三井|山下汽船]]に勤める石原潔・光子の長男として生まれる。父・潔は[[愛媛県]]の[[長浜町]]に生まれ、旧制宇和島中学 (現在の[[愛媛県立宇和島東高等学校|宇和島東高校]]) を[[中退]]し山下汽船に入社した。店童 (てんどう) <ref name="店童(てんどう)">店童 (てんどう) とは、海運会社独特の制度で、商店でいえば[[丁稚]]に相当し、宿舎と食事は確保してくれる代わりに、[[給料]]は一切なかった。便所掃除、社員の[[靴]]磨き、使い走り。店童 (てんどう) は上司から命じられれば何でもやらなければならなかった。時には、[[質]]入れや、なじみの[[遊郭]]の[[女郎]]に[[菓子]]を届けることまでやらされた (『てっぺん野郎─<small>本人も知らなかった石原慎太郎</small>』31-32頁) </ref>あがりだったにもかかわらず、最後は[[関連会社]]の[[重役]]<!--山下汽船本社の重役ではなく関連会社の重役-->にまで出世した<ref>[[佐野眞一]]著『てっぺん野郎─<span style="font-size:90%;">本人も知らなかった石原慎太郎</span>』34-35頁</ref>。母・光子は[[広島県]][[厳島]]の出身<ref name="tv-asahi-mother-20224">[http://www.tv-asahi.co.jp/mother/contents/100/backnumber/20224.html 石原慎太郎・裕次郎の母 グレートマザー物語 2002年2月24日]</ref><ref>母・光子が広島県人であるのは古くから知られていた。1971年に出版された『日本人研究 <第2巻> 』 (板坂康弘著、流動) 広島県人の項、259-260頁に「石原慎太郎は父の勤務につれてあちこちで育ったが、血脈は広島である。石原も躁鬱気質の典型的な[[広島県]]人」と論じている。</ref>。なお石原自身は[[神奈川県]]を出身地としている<ref>『人事興信録』</ref>。
* [[1934年]] (昭和9年)
:** 12月28日 - 弟・[[石原裕次郎|裕次郎]]が生まれる。
* [[1936年]] (昭和11年)
:** 6月 - 父が小樽出張所主任となり[[北海道]][[小樽市]]に転居。[[学校法人藤学園|小樽藤幼稚園]]卒園し[[小樽市立稲穂小学校|稲穂国民学校]]に進学
* [[1943年]] (昭和18年)
:** 2月 - 父が東京支店副長の辞令を受け神奈川県[[逗子市]]に転居。石原一家が逗子で最初に住んだ桜山の家は山下汽船創業者[[山下亀三郎]]の別邸<ref>『てっぺん野郎─<span style="font-size:90%;">本人も知らなかった石原慎太郎</span>』180頁</ref>。
* [[1945年]] (昭和20年)
:** 4月 - 神奈川県立湘南中学(後の[[神奈川県立湘南高等学校]])へ進学。
* [[1949年]] (昭和24年)
:** 立身出世主義的な校風に反撥し、胃腸の病を口実に1年間[[休学]]([[ヤンキー (不良少年)|不良少年]])<ref>[http://www.sensenfukoku.net/novel/novelm.html 石原慎太郎公式ウェブサイト 宣戦布告 鮮烈デビュー『太陽の季節』芥川賞受賞]</ref>。休学中は[[文学]]・[[美術]]・[[演劇]]・[[音楽]]・[[映画]]に耽溺し、[[フランス語]]を学習。
* [[1951年]] (昭和26年)
:** 10月 - 父が[[脳溢血]]で急死。山下近海汽船[[社長]][[二神範蔵]]から一橋大への進学と、当時できたばかりの[[公認会計士]]の取得を強くすすめられる<ref>『てっぺん野郎─<span style="font-size:90%;">本人も知らなかった石原慎太郎</span>』217頁</ref>。
* [[1952年]] (昭和27年)
:** 4月 - [[一橋大学]]法学部に入学<ref>[[佐野眞一]]著『てっぺん野郎─<span style="font-size:90%;">本人も知らなかった石原慎太郎</span>』218頁に「ちなみに一橋大には商学部、経済学部、法学部、社会学部の四学部があり、入学試験は第二志望まで希望することができた。慎太郎は[[公認会計士]]を目指していたので、おそらく商学部を志望していたはずである。だが入学試験の成績が第一志望の[[商学部]]の水準に達しなかったのか、実際に入ったのは[[法学部]]だった。」とある。なお新制大学への移行当時は、商学部・経済学部・法学社会学部の3学部であったが、慎太郎が入学する前年の1951年 (昭和26年) に[[学部]]改組が行われ、法学社会学部が法学部と[[社会学部]]に分離した。([http://passnavi.evidus.com/search_univ/0330/campus.html 一橋大学/キャンパスガイド|大学受験パスナビ: 旺文社])</ref>。柔道部、サッカー部に入部する。[[簿記]]や[[会計学]]などの勉強に励んだが半年間やってみて向いていないと悟り公認会計士になることを断念する<ref>『てっぺん野郎─<span style="font-size:90%;">本人も知らなかった石原慎太郎</span>』218-219頁</ref>。
* [[1955年]] (昭和30年)
:** 12月 - 当時18歳だった石田由美子 (後に典子と改名) と[[結婚]]。
* [[1956年]] (昭和31年)
:** 1月 - 『[[太陽の季節]]』により第34回[[芥川龍之介賞|芥川賞]]を当時史上最年少で受賞、[[ベストセラー]]となる。一橋大学[[法学部]]を[[卒業]]。『太陽の季節』が日活で映画化され、弟・裕次郎が日活俳優としてデビューする。また自らも映画初出演を果たし、「[[太陽族]]」、「[[スポーツ刈り#慎太郎刈り|慎太郎刈り]]」が流行する。
**:映画『太陽の季節』が公開された際、登場人物が強姦・不純異性交遊等を行う反社会的内容から映画を見た青少年への影響が取りざたされ、[[映画倫理委員会]] (通称、映倫) が作られる契機となった<ref>「太陽族映画に反発 各地で観覧を禁止」『朝日新聞』1956年8月3日付朝刊。</ref>。
* [[1957年]] (昭和32年)
:** 4月19日 - 長男・[[石原伸晃|伸晃]]が誕生。
* [[1958年]] (昭和33年)
:** - [[東宝]]で映画「若い獣」の[[監督]]を務める。また、[[大江健三郎]]、[[江藤淳]]、[[谷川俊太郎]]、[[寺山修司]]、[[浅利慶太]]、[[永六輔]]、[[黛敏郎]]、[[福田善之]]ら若手文化人らと「[[若い日本の会]]」を結成し、[[安保闘争|60年安保]]に反対。
* [[1960年]] (昭和35年)
:** - 隊長として、南米横断1万キロ・[[ラリー]]に[[ラビットスクーター]]で参加<ref>[http://www.ne.jp/asahi/rabbit-house/yamada/ishihara.htm ISHIHARA - ラビットハウス]</ref>。
* [[1962年]] (昭和37年)
:** 1月15日 - 次男・[[石原良純|良純]]が誕生。
* [[1963年]] (昭和38年)
:** 3月 - 『[[狼生きろ豚は死ね・幻影の城]]』を新潮社より出版。
* [[1964年]] (昭和39年)
:** 6月19日 - 三男・[[石原宏高|宏高]]が誕生。
* [[1966年]] (昭和41年)
:** - 四男・[[石原延啓|延啓]]が誕生。
* [[1967年]] (昭和42年)
:** - [[読売新聞社]]の依頼で、[[ベトナム戦争]]を取材。
* [[1968年]] (昭和43年)
:** 7月 - [[第8回参議院議員通常選挙]]に[[自由民主党 (日本)|自民党]]から[[全国区]]に出馬し、史上初の300万票得票でトップ当選。2位[[青島幸男]]・3位[[上田哲]]であり、ライバル関係になっていた。
* [[1969年]] (昭和44年)
:** 11月 - 『スパルタ教育』を光文社より出版。
* [[1972年]] (昭和47年)
:** 11月25日 - 参議院議員を辞職。
:** 12月10日 - [[第33回衆議院議員総選挙|衆議院選挙]]に[[東京都第2区 (中選挙区)|旧東京2区]]から無所属で出馬して当選。後に自民党に復党。
* [[1973年]] (昭和48年)
:** 7月 - [[渡辺美智雄]]、[[中川一郎]]、[[浜田幸一]]らと憲法改正や金権政治の打破を謳った[[タカ派]]集団「[[青嵐会]]」を結成。
* [[1975年]] (昭和50年)
:** 3月18日 - 衆議院議員を辞職。
:** 4月13日 - 現職の[[美濃部亮吉]]に挑戦する形で[[1975年東京都知事選挙|東京都知事選挙]]に自民党推薦で出馬。233万票を得票するも落選。
* [[1976年]] (昭和51年)
: 12月5日- 衆院選で国政に復帰(同区で[[民社党]]新人[[大内啓伍]]も当選)。同月24日発足の[[福田赳夫内閣 (改造)]]で[[環境大臣|環境庁長官]]に就任。
* [[1981年]] (昭和56年)
:** - 弟の裕次郎が倒れた際に小笠原諸島から海上自衛隊飛行艇を呼び寄せて帰京し、公私混同として問題になる。燃料代は160万円かかっていた。
* [[1983年]] (昭和58年)
:** - [[自由民主党の派閥]]、[[自由革新同友会]]を継いで代表就任、後に[[清和会]]へ合流。[[黒シール事件]]によって[[野村秋介]]より抗議を受ける。
* [[1987年]] (昭和62年)
:** 7月17日 - 弟・裕次郎が[[肝細胞癌]]で逝去 (52歳) 。
:** 11月6日 - [[竹下内閣]]で[[運輸大臣]]に就任。
* [[1988年]] (昭和63年)
:** 4月8日 - 『漁業施設がヨットに危険』と発言し、[[海上保安庁]]に漁業施設を総点検させることになる<ref>[[業田良家]]『シアターアッパレー現代政治家体系』100頁</ref>。
* [[1989年]] (平成元年)
:** 8月8日 - [[亀井静香]]・[[平沼赳夫]]・[[園田博之]]らに推される形で[[自民党総裁選]]に出馬するも[[竹下派]]が推す[[番町政策研究所|河本派]]の[[海部俊樹]]に敗れる。 『[[「NO」と言える日本]]』を[[盛田昭夫]]と共著で出版。
* [[1990年]] (平成2年)
:** 2月18日 - [[第39回衆議院議員総選挙]]が[[東京都第4区 (中選挙区)|旧東京4区]]で長男の[[石原伸晃|伸晃]]が初当選し、父子揃って衆議院議員となる。
* [[1995年]] (平成7年)
:** 4月14日 - [[国会議員]]在職25年表彰の国会演説で突然の議員辞職を表明(最初の地盤継承者は[[栗本慎一郎]])。
* [[1996年]] (平成8年)
:** - 弟の石原裕次郎をテーマに『弟』を発表。
* [[1999年]] (平成11年)
:** 4月11日 - [[1999年東京都知事選挙]]に出馬。立候補表明の記者会見での第一声の、「石原裕次郎の兄でございます」と言う挨拶ギャグが話題を呼ぶ。[[鳩山邦夫]]、[[舛添要一]]、[[明石康]]、[[柿澤弘治]]ら有力候補がひしめく中、166万票を得票して当選 (舛添と喧嘩別れした栗本や、栗本が同年末に復党する[[政党自由連合]]代表[[徳田虎雄]]の支援受けた)
* [[2003年]] (平成15年)
:** 4月13日 - [[2003年東京都知事選挙]]に出馬。308万票(得票率史上最高)を獲得し、[[樋口恵子]]、[[若林義春]]らを破り再選。石原の圧勝が事前に予想されていたためか、珍しく候補者の少ない都知事選であった。
* [[2004年]] (平成16年)
:** 11月17 - 21日 - 「弟」テレビドラマ化。
* [[2007年]] (平成19年)
:** 4月8日 - [[2007年東京都知事選挙]]に出馬。投票の過半数にあたる281万票を獲得し、[[浅野史郎]]、[[吉田万三]]、[[黒川紀章]]らを破り3選。
 
* [[2010年]] (平成20年)
:** 4月10日 [[たちあがれ日本]]の応援団長に就任する。
* [[2011年]] (平成23年)
:** 4月10日 - 一時は3期目での退任を考慮した中で、[[2011年東京都知事選挙]]に出馬を決断して、立候補する。[[東国原英夫]]、[[小池晃]]らを破り、2,615,120票を獲得して四選を果たした (得票率は43.4%) 。
 
== 学生時代 ==
 
==== カジノ構想 ====
税収を増やすために[[お台場]][[カジノ]]構想を提案していたが、現行の法律ではそれができず、実施には国会による法改正を必要とするので実現見通しが立たず[[2003年]] (平成15年) に正式に断念を発表(現在の日本においては、[[公営競技]]や[[宝くじ]]、[[スポーツ振興くじ]]等別途法令で指定された以外の賭け事は全て、[[賭博開帳図利罪]]に問われる[[ギャンブル]]である)。都庁にスロットを置き、プレイをしたパフォーマンスが印象的だったが、機器を卸したとされるマツイゲームマシン(違法賭博場への卸業者で、従業員が逮捕された企業)(石原氏設立の日本カジノ学界に参加)という企業との関連、特定のカルチャースクールに日本カジノスクールという名称を付与した点も物議をよんだ。醸した(カジノ学校を一社に限定したのは、一般競争入札原則に抵触)。お台場カジノ構想に関しては、[[2003年]] (平成15年) に公開された映画『[[踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!]]』にてそれらしきものが描写されている。また「千里眼/マジシャンの少女」 (小学館文庫) [文庫]ISBN:978-4094032604[[松岡圭祐]] (著) でもお台場カジノ構想をテーマにした物語が描かれている。
 
==== 「後楽園競輪」復活構想 ====
 
=== 選挙公約 ===
;==== 選挙公約 (1期目) ====
# 都が主導の債券市場にYES
# 踏切のない東京にYES
# 命が守れない危機管理にNO
# 新しい道徳教育にYES
;==== 選挙公約 (2期目) ====
# 安心・安全の確保、都市の再生から始める「都民福祉の充実」
# 中小企業の能力を引き出す「新しい銀行を創設」
# 雇用促進のため、利用者に便利な「職業紹介を都独自に実施」
# 都庁の一層の合理化と「第二次財政再建に着手」
;==== 選挙公約 (3期目) ====
# 環境革命の続行
# 子育て支援プログラムと中学3年生まで医療費ゼロ
== 家族 親族 ==
; 父・潔 ([[商船三井|山下汽船]]社員)
:[[File:Ishihara Family.jpg|thumb|300px|right|<center>[[北海道]]の[[小樽市|小樽]]にて家族写真<br />(左から父・潔、弟・[[石原裕次郎|裕次郎]]、母・[[石原光子|光子]]、[[石原慎太郎|慎太郎]])</center>]]
: [[1899年]] ([[明治]]32年) 12月生 - [[1951年]] ([[昭和]]26年) 10月没
;:; 生い立ち
:: [[愛媛県]][[八幡浜市|八幡浜]]に隣接する[[長浜町|長浜]]という港町に生まれた<ref name="Sanop19">『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』19頁</ref>。[[警察官]]石原信直・ササヨの三男。父・信直の人事異動に伴って、幼い頃は信直の赴任先である愛媛県各地の[[派出所]]を随分転々とさせられた<ref name="Sanop30">『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』30頁</ref>。[[1922年]] ([[大正]]11年)、父・信直が59歳で亡くなり、子供たちはみんな非常に苦労したという<ref name="Sanop47">『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』47頁</ref>。
;:; 山下汽船へ
:: [[1913年]] ([[大正]]2年) 3月、宇和島男子尋常高等小学校を卒業し、旧制宇和島中学 (現在の[[愛媛県立宇和島東高等学校|宇和島東高校]])に進んだが、入学から一年もしないうちに同校を[[中退]]している<ref name="Sanop30"/>。中退の理由はわからない<ref name="Sanop30"/>。[[1914年]] ([[大正]]3年) 山下汽船に入社<ref name="Sanop28">『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』28頁</ref>。当時潔はまだ14歳の少年だった<ref name="Sanop28"/>。潔の山下汽船入社時の身分は店童 (てんどう) <ref name="店童(てんどう)"/>だった<ref name="Sanop31">『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』31頁</ref>。
:: 慎太郎によれば、「 (潔は)本当は大学へ行きたかったんだけど、家の事情で行けなかったようです<ref name="Sanop47"/>。家は落魄 (らくはく) <ref name="落魄(らくはく)">落魄(らくはく)とは、落ちぶれること</ref>する一方だったようですからね<ref name="Sanop47"/>」という。
:: 店童 (てんどう) <ref name="店童(てんどう)"/>あがりだったにもかかわらず、最後は[[関連会社]]の[[重役]]<!--山下汽船本社の重役ではなく関連会社の重役-->にまで出世した。
;:; 人柄
:: 妻光子が書いた『おばあちゃんの教育論』によると、潔は身長百七十五センチ、体重は八十キロもあった大男であだ名は“クマさん”だったという<ref>『てっぺん野郎─<small>本人も知らなかった石原慎太郎</small>』 57-58頁</ref>
:: 先妻は元大同海運社長[[崎山好春]]の妻の[[姪]]にあたる<ref>『てっぺん野郎─<small>本人も知らなかった石原慎太郎</small>』 49頁</ref>。
:: [[佐野眞一]]によれば、「[[商船三井|山下汽船]]OBたちの間からは潔を絶賛する声が次々とあがった<ref name="Sanop53">『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』53頁</ref>。その評価のなかに仕事に関するものはほとんどなく、[[酒]]や人とのつきあいに関するものばかりだったといってよい<ref name="Sanop53"/>。潔が“人間的”魅力にあふれていたことは間違いないようである<ref name="Sanop53"/>。」という。
:: 慎太郎によれば、「親父は僕ら兄弟と一緒にいると、いつも相好を崩していた<ref name="Sanop62">『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』62頁</ref>。怒るときは怒ったけど、ああいう偏愛っていうか溺愛っていうか、動物的な愛情の示し方は、おふくろはしなかった<ref name="Sanop62"/>。ですから、どこが似てるかっていわれれば、そういうところが似てると思うし、なんか言わなくていいことを言って、平気で相手をコキオロシたりするところは、おふくろに似てるし… (笑) <ref name="Sanop62"/>。」という。
;:; 晩年
:: 晩年には今まで家になかった[[仏壇]]をしつらえて、毎朝出勤する前に必ず合掌して[[お経]]を上げるようになったという<ref>石原慎太郎『法華経を生きる』99頁</ref>。
:: 慎太郎によれば、「朝など時折、前夜の接待が遅くまでになって、好きではあったが医者に禁じられている酒を毒と知りつつ自らに強いて接待に努め疲れて戻った父が、眠りも足りなかったのだろう、[[高血圧]]のせいもあって、舌がもつれて[[お経]]を読む声がいつもと違って少し呂律が回らず、自分でもそれがわかるのかいらいらしながら同じ部分を何度も唱えなおしているのを床の中で聞きながら、子供なりに心を痛めたのを覚えています。そして結局父は五十一歳で、当時としても若死にしました」という<ref>石原慎太郎『法華経を生きる』100頁</ref>。
;:; 評価
 
:: [[吉田司]]によれば、「石原潔は、その経歴を見ると、[[プロレタリア]]的な徒手空拳からたたき上げた[[中産階級]]の先駆的な例ですよね。だとすると、そのマイホーム主義の[[小ブルジョア|プチブル]]的な生活から転落しないように会社に忠誠を誓い一生懸命家族を守った。[[小樽市|小樽]]の『[[蟹工船]]』的な、蜂起するぞ!みたいな都市下層民がいっぱいいる中で、おそらく慎太郎と[[石原裕次郎|裕次郎]]の兄弟は、冬になれば[[暖炉]]の前でぽかぽかという生活だったと思うんだけど。さらに言えば、潔は、もう一段階上の、[[エスタブリッシュメント]]へと移行しようとしたのではないか。」という<ref>『石原慎太郎よ、退場せよ!』42頁</ref>。
;; 評価
:: [[佐野眞一]]によれば、「慎太郎、裕次郎兄弟は十代から湘南の海で[[ヨット]]を乗り回した<ref name="Sanop32">『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』32頁</ref>。その[[ブルジョワ]]的イメージから、そもそもからして[[富豪|資産家]]階級の出身だと思われがちである<ref name="Sanop32"/>。父親も大学出の[[エリート]][[サラリーマン]]だったと思うのが一般的な見方だろう<ref name="Sanop32"/>。だが実際の潔は中学もまともに[[卒業]]せず、当時飛ぶ鳥を落とす勢いの船会社にもぐりこんだとはいえ“[[痰]][[壺]]洗い”という最末端の仕事から這いあがっていかざるをえない男だった<ref name="Sanop32"/>。肉体労働者階級出身でありながら、そんなことはおくびにも出さずリッチな生活はあたかも天与のものだったかのごときにふるまう<ref name="Sanop33">『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』33頁</ref>。イメージと現実のこのあまりにも大きすぎる落差のなかに、慎太郎という男の謎を解く一つのカギがかくされている<ref name="Sanop33"/>。」という。
: [[吉田司]]によれば、「石原潔は、その経歴を見ると、[[プロレタリア]]的な徒手空拳からたたき上げた[[中産階級]]の先駆的な例ですよね。だとすると、そのマイホーム主義の[[小ブルジョア|プチブル]]的な生活から転落しないように会社に忠誠を誓い一生懸命家族を守った。[[小樽市|小樽]]の『[[蟹工船]]』的な、蜂起するぞ!みたいな都市下層民がいっぱいいる中で、おそらく慎太郎と[[石原裕次郎|裕次郎]]の兄弟は、冬になれば[[暖炉]]の前でぽかぽかという生活だったと思うんだけど。さらに言えば、潔は、もう一段階上の、[[エスタブリッシュメント]]へと移行しようとしたのではないか。」という<ref>『石原慎太郎よ、退場せよ!』42頁</ref>。
: [[佐野眞一]]によれば、「慎太郎、裕次郎兄弟は十代から湘南の海で[[ヨット]]を乗り回した<ref name="Sanop32">『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』32頁</ref>。その[[ブルジョワ]]的イメージから、そもそもからして[[富豪|資産家]]階級の出身だと思われがちである<ref name="Sanop32"/>。父親も大学出の[[エリート]][[サラリーマン]]だったと思うのが一般的な見方だろう<ref name="Sanop32"/>。だが実際の潔は中学もまともに[[卒業]]せず、当時飛ぶ鳥を落とす勢いの船会社にもぐりこんだとはいえ“[[痰]][[壺]]洗い”という最末端の仕事から這いあがっていかざるをえない男だった<ref name="Sanop32"/>。肉体労働者階級出身でありながら、そんなことはおくびにも出さずリッチな生活はあたかも天与のものだったかのごときにふるまう<ref name="Sanop33">『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』33頁</ref>。イメージと現実のこのあまりにも大きすぎる落差のなかに、慎太郎という男の謎を解く一つのカギがかくされている<ref name="Sanop33"/>。」という。
; 母・光子(加藤三之助の娘)
:[[File:Ishihara Mituko.jpg|thumb|150px|right|<center>石原光子 <br />(神戸第二高女時代)</center>]]
: [[1909年]] ([[明治]]42年) 9月生 - [[1992年]] ([[平成]]4年) 6月没。
;:; 生い立ち
:: [[2002年]] (平成14年) [[2月24日]]に[[テレビ朝日]]系で放送された『[[グレートマザー物語]]』では、光子は[[広島県]]の生まれと紹介しているが<ref name="tv-asahi-mother-20224"/>、[[佐野眞一]]によると、「光子の出生地は[[大阪]]だが、大阪での生活は短く、父加藤三之助とともにまもなく広島県[[厳島]]に移った<ref name="Sanop64">『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』64頁</ref>」という。母・徳は光子が生まれた翌年に死亡し、父・三之助は2年後に後妻を迎えた<ref name="Sanop64"/>。
;:; 厳島での生活
 
:: 加藤家は[[厳島神社]]の[[参道]]で[[土産物]]屋を開いた<ref name="Sanop64"/>。光子がいくつのとき厳島に移ってきたかははっきりしない<ref name="Sanop64"/>。光子は[[大正]]末期か[[昭和]]のはじめ頃に厳島を出ていった<ref name="Sanop64"/>。地元の古老によれば「光子が厳島を出ていったのは、[[継母]]との折り合いが悪かったからだろう」という<ref name="Sanop64"/>。
;; 厳島での生活
;:; 神戸での生活、結婚
: 加藤家は[[厳島神社]]の[[参道]]で[[土産物]]屋を開いた<ref name="Sanop64"/>。光子がいくつのとき厳島に移ってきたかははっきりしない<ref name="Sanop64"/>。光子は[[大正]]末期か[[昭和]]のはじめ頃に厳島を出ていった<ref name="Sanop64"/>。地元の古老によれば「光子が厳島を出ていったのは、[[継母]]との折り合いが悪かったからだろう」という<ref name="Sanop64"/>。
:: 厳島を出た光子が誰を頼って神戸に出たかについてははっきりしていない<ref name="Sanop64"/>。慎太郎によれば「神戸ではおばさんの家に寄宿していたんでしょう。その家は[[三宮]]にあって、[[貿易]]商だったみたいですよ。そこに預けられたけれど、[[従姉妹]]にあたる娘となかなかそりがあわなくて、ずいぶん意地悪されたって言ってましたけど。それで(第二高女を卒業後)東京に行ったんだという言い方をしてましたけどね。名前はたしかタケウチさんといったかな。」という<ref name="Sanop65">『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』65頁</ref>。
 
:: 光子の神戸での寄宿先は竹内五一商店という貿易商だった<ref name="Sanop66">『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』66頁</ref>。佐野眞一によれば「竹内五一商店の[[登記簿]]謄本をとってみると、出資者の一人に、光子の実父の加藤三之助の名前があった。慎太郎は、潔と光子の[[見合い]]は[[芦屋]]に住む河野という女性が仲介したという話は聞いているが、それ以外は知らない、といった。しかし光子の寄宿先が実父も出費するある程度の貿易商だったことや、その出先機関と思われる事務所が、山下汽船本社のすぐ近くにあったことなどを考えあわせれば、この見合いは、山下汽船との仕事の関係のなかで進められた可能性が大きい。」という<ref name="Sanop64"/>。
;; 神戸での生活、結婚
:: 厳島を出た光子が誰を頼って[[1927年]] (昭和2年) 3月に神戸に出市立第二[[高等女学校]] (現[[神戸市立須磨高等学校|神戸市立須磨高校]]) を卒業しかについてははっきりしていない<ref name="Sanop64Sanop62"/>。慎太郎によれば「神戸ではおばさんの家に寄宿しいたっぺでしょう。その家は[[三宮]]にあって、[[貿易]]商だったみたいですよ。そこに預け野郎─本人も知れたけれど、[[従姉妹]]にあたる娘となかなかそりがあわなくて、ずいぶん意地悪されたて言ってましけど石原慎太郎』62頁</ref>それで(第二高女を卒業後)東京に行っんだという言い方光子は絵描き目指して上京したけどね。名前はたしかタケウチさんといったかな。」という<ref name="Sanop65Sanop66">『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』6566頁</ref>。
;:; 評価
 
::佐野眞一によれば「潔は光子と[[見合い]]だったにもかかわらず、慎太郎は結婚から二か月足らずで誕生している<ref name="Sanop68">『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』68頁</ref>。男女の間に何があっても不思議はないが、それにしてもちょうど十歳年の離れた潔と光子の組み合わせは、奇妙といえば奇妙である<ref name="Sanop68"/>。一方は、没落した一家から中学も出ぬまま、[[大正]][[バブル]]そのものともいえる海運会社に入った店童 (てんどう) あがりのサラリーマン<ref name="Sanop68"/>。一方は、複雑な家庭環境で育ち、[[画家|絵描き]]になることを夢みた、やや自己演出するところのある[[高等女学校|高女]]出の女性<ref name="Sanop68"/>。この夫婦は[[明治]]の村落共同体が崩壊し、都市[[小ブルジョア|プチブル]]層が澎湃 (ほうはい) として誕生してきた[[大正]]という時代の典型的カップルだったともいえる<ref name="Sanop68"/>。」という。
: 光子の神戸での寄宿先は竹内五一商店という貿易商だった<ref name="Sanop66">『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』66頁</ref>。佐野眞一によれば「竹内五一商店の[[登記簿]]謄本をとってみると、出資者の一人に、光子の実父の加藤三之助の名前があった。慎太郎は、潔と光子の[[見合い]]は[[芦屋]]に住む河野という女性が仲介したという話は聞いているが、それ以外は知らない、といった。しかし光子の寄宿先が実父も出費するある程度の貿易商だったことや、その出先機関と思われる事務所が、山下汽船本社のすぐ近くにあったことなどを考えあわせれば、この見合いは、山下汽船との仕事の関係のなかで進められた可能性が大きい。」という<ref name="Sanop64"/>。
 
: [[1927年]] (昭和2年) 3月に神戸市立第二[[高等女学校]] (現[[神戸市立須磨高等学校|神戸市立須磨高校]]) を卒業した<ref name="Sanop62">『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』62頁</ref>。第二高女を卒業した光子は絵描きを目指して上京した<ref name="Sanop66">『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』66頁</ref>。
 
;; 評価
:佐野眞一によれば「潔は光子と[[見合い]]だったにもかかわらず、慎太郎は結婚から二か月足らずで誕生している<ref name="Sanop68">『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』68頁</ref>。男女の間に何があっても不思議はないが、それにしてもちょうど十歳年の離れた潔と光子の組み合わせは、奇妙といえば奇妙である<ref name="Sanop68"/>。一方は、没落した一家から中学も出ぬまま、[[大正]][[バブル]]そのものともいえる海運会社に入った店童 (てんどう) あがりのサラリーマン<ref name="Sanop68"/>。一方は、複雑な家庭環境で育ち、[[画家|絵描き]]になることを夢みた、やや自己演出するところのある[[高等女学校|高女]]出の女性<ref name="Sanop68"/>。この夫婦は[[明治]]の村落共同体が崩壊し、都市[[小ブルジョア|プチブル]]層が澎湃 (ほうはい) として誕生してきた[[大正]]という時代の典型的カップルだったともいえる<ref name="Sanop68"/>。」という。
; 弟・[[石原裕次郎|裕次郎]] ([[俳優]]、歌手)
: [[1934年]] ([[昭和]]9年) 12月生 - [[1987年]] (昭和62年) 7月没。
;;:* 同妻・[[石原まき子|まき子]] (元[[俳優|女優]])
;;: 子どもはない
; 妻・[[石原典子|典子]] (石田光治の娘)
: [[1938年]] (昭和13年) 1月生 -
; 長男・[[石原伸晃|伸晃]] (政治家)
: [[1957年]] (昭和32年) 4月生 -
;;:* 同妻・[[田中理佐|里紗]] (元女優・[[タレント]])
; 次男・[[石原良純|良純]] (俳優・タレント、[[気象予報士]])
: [[1962年]] (昭和37年) 1月生 -
 
== 系譜 ==
=== 石原家 ===
; '''石原家([[愛媛県]][[八幡浜市]]、[[兵庫県]][[神戸市]][[須磨区]]、[[北海道]][[小樽市]]、[[神奈川県]][[逗子市]]、[[東京都]])
* ''';家系'''
: 慎太郎によれば、「私も幼い頃家族しての神奈川県から愛媛、[[広島]]への大[[旅行]]で父や母の実家を初めて訪れた時に会った、まだ元気でいた父の母親と母の父親の記憶をこの旅で見た他の何よりも強い印象で覚えていますが、何故かそれはその後私が成長していってからの方がますます鮮やかで確かな記憶として心に刻まれてきたような気がする。そして父や母が亡くなった後、父や母への追憶に重ねてそれがますます懐かしく鮮やかに思い出されるようになりました。」という<ref>石原慎太郎『法華経を生きる』217頁</ref>。
 
: 石原家は'''潔''' (慎太郎の父) の2代前の石原安太夫の時代に絶家となった (理由は不明) <ref name="Sanop29">『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』29頁</ref>。それを再興するため服部家から服部信義の二男の信直が石原家に入った<ref name="Sanop29"/>。石原家再興の当主となった[[1862年]] ([[文久]]2年) 生まれの信直と、[[1867年]] ([[慶応]]3年) 生まれの妻ササヨの間には、潔を含めて6人の子供が生まれた<ref name="Sanop29"/>。長男の克己、長女の壽万 (すま) 、二男の静夫、三男の'''潔'''、二女の美壽 (みす) 、四男の真砂 (まさご) の6人である<ref name="Sanop29"/>。信直の職業は[[警察官]]だった<ref name="Sanop29"/>。
 
: '''潔'''は[[愛媛県]][[八幡浜市|八幡浜]]に隣接する[[長浜町|長浜]](現[[大洲市]])という港町に生まれた<ref name="Sanop19"/>。石原本家の[[菩提寺]]は[[八幡浜市]][[保内町]]の龍潭(りょうたん)寺である<ref name="Sanop28">『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』28頁</ref>。佐野によると、「本堂裏の位牌堂には'''潔'''の父の信直や兄の克己などの[[位牌]]はあったが、分家したらしく'''潔'''の[[位牌]]はなかった。それらにまじって"服部信義"という古ぼけた位牌があるのが目をひいた。」という<ref name="Sanop28"/>。
: 佐野との対談の中で慎太郎は「うちの本家はそもそも石原ではなく服部なんです。そんな[[名家|大家]]でもないけれど、元は、落魄 (らくはく) <ref name="落魄(らくはく)"/>した[[士族]]です。先祖は[[武田氏|武田]]の[[浪士|残党]]でそれが[[松山市|松山]]に流れて服部姓を名乗った。[[弓]]の名人だったらしく、戦 (いくさ) で七人殺したか、まあ七十人は殺さなかったでしょうが (笑) 、それで七つ矢車の[[家紋]]を許された。歴代、服部勘助を名乗った服部本家の血筋をひいている親父の親父が石原家に入って、それ以来石原姓を名乗った。」と述べている<ref name="Sanop28"/>。
: 佐野によると、「ただし、[[服部氏|服部家]]出身の信義の祖先が、本当に[[武田氏|武田]][[武士]]の流れをくむ服部本家の[[子孫|末裔]]だったかどうかまでは、調べようがなく確認がとれなかった<ref name="Sanop29"/>。龍潭 (りょうたん) 寺<ref>愛媛県八幡浜市[[保内町]]の龍潭 (りょうたん) 寺は石原本家の[[菩提寺]]である (『てっぺん野郎─<span style="font-size:90%;">本人も知らなかった石原慎太郎</span>』28頁) 。</ref>の[[住職]]によると約20年前の先代住職の頃、慎太郎本人から“石原家の[[ルーツ]]を知りたい”との連絡があったがそのときもはっきりしたことはとうとうわからずじまいだった<ref name="Sanop29"/>」という。
: [[AERA]]誌のインタビューのとき、ノンフィクション作家の[[吉田司]]に慎太郎は「うちは[[士族]]の出でね<ref name="taizyou_p190">[[斎藤貴男]]・[[吉田司]]『石原慎太郎よ、退場せよ!』190頁</ref>。カッコいいんだ<ref name="taizyou_p190"/>。[[武田氏|武田]]の[[武士]]でね、弓矢の名人でね、[[家紋]]が7つ矢の矢車なんですよ<ref name="taizyou_p190"/>。武田軍団って、戦強かったでしょ<ref name="taizyou_p190"/>。うちの家訓はね、『明日の戦、わが身無念と心得べし』ってんですよ<ref name="taizyou_p190"/>。つまり死ぬだろうと……<ref name="taizyou_p190"/>。だから俺の親父もわりと覚悟して、毎晩接待で[[酒]]飲み続けて、仕事で死んでいった<ref name="taizyou_p190"/>。『今宵の宴、わが身無念と心得べし』じゃないけどね (笑) <ref name="taizyou_p190"/>」と述べている。
* ''';山下家と石原家の縁戚説について'''
 
* '''山下家と石原家の縁戚説について'''
:[[佐野眞一]]によれば「[[山下亀三郎|亀三郎]]と石原潔の関係についてはいろいろといわれている<ref name="Sanop34">『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』34頁</ref>。それは、店童 (てんどう) <ref name="店童(てんどう)"/>あがりの潔が、[[関連会社]]とはいえ、最後は[[重役]]にとりあげられたことと関連している<ref name="Sanop34"/>。大学出でもない潔が、重役にまで出世するわけがない。亀三郎の強いひきのようなものがあったに違いない、というのが世間一般の見方である<ref name="Sanop34"/>。
:… (中略) …慎太郎 は“石原家と[[山下亀三郎|亀三郎]]の間には血縁関係があるのですか”という質問に (亀三郎さんとは) "縁戚だと聞きました<ref name="Sanop35">『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』35頁</ref>。ウソか本当か知りませんけど、そう聞いた憶えがあります<ref name="Sanop35"/>。"といって山下家と石原家の縁戚説をあえて否定はしなかった<ref name="Sanop35"/>。これに対し亀三郎を[[大叔父]]にもち、吉田町にある亀三郎の生家をいまも守る現山下家当主の山下源一郎は“山下家の係累の中に石原の名前はありません<ref name="Sanop35"/>。聞いたこともないし、[[系図]]にも出てきません<ref name="Sanop35"/>。”と血のつながりをきっぱり否定した<ref name="Sanop35"/>」という。
* ''';小泉家との関係'''
 
* '''小泉家との関係'''
: 妻典子の従兄弟の子にあたる美枝子が政治家の[[小泉純一郎]] (元首相) の実弟・正也と結婚した。<ref>慎太郎は小泉が首相に就任する以前のインタビューで「小泉君は女房と同じ横須賀の出身で、[[親戚]]筋なんだ。血がつながってないんで、ほっとしているけど (笑) 」と述べている (系図でみる近現代より) </ref>
 
<pre>
             小泉又次郎━━芳江
** 同 『石原慎太郎と都知事の椅子』 [[角川文庫]]、2000年がある。
* [[佐野眞一]]『てっぺん野郎 ―本人も知らなかった石原慎太郎―』 ([[講談社]] 2003年) ISBN 4-06-211906-4
:** 増補改題され、『誰も書けなかった石原慎太郎』 [[講談社文庫]]、2009年
* [[斎藤貴男]]『空疎な小皇帝 「石原慎太郎」という問題』 ([[岩波書店]] 2003年、[[ちくま文庫]] 2006年)
** [[吉田司]]との対話『石原慎太郎よ、退場せよ!』 [[洋泉社]]新書 2009年
匿名利用者