「トワイライトシンドローム」の版間の差分

編集の要約なし
}}
{{Infobox animanga/Footer}}
'''トワイライトシンドローム'''は、[[ヒューマン (ゲーム会社)|ヒューマン]]及び[[スパイク (ゲーム会社)|スパイク]]から発売された[[プレイステーション]]用ゲームソフトのシリーズ名。
 
[[2008年]]現在までに四作が発表されており、『トワイライトシンドローム 探索編』が[[1996年]][[3月1日]]に、『トワイライトシンドローム 究明編』が[[1996年]][[7月19日]]にそれぞれヒューマンから、『トワイライトシンドローム 再会』が[[2000年]][[7月27日]]に、『[[トワイライトシンドローム 禁じられた都市伝説]]』が2008年[[7月26日]]にそれぞれスパイクから発売されている。
{{ネタバレ}}
== 探索編/究明編 ==
 
=== あらすじ ===
[[1996年]]、夏。[[武蔵野市]]の外れにある雛城町は、古きよき面影を色濃く残す土地である。
 
=== シナリオ ===
 
==== 探索編 ====
; はじまりの噂
* ビジュアル:[[石坂明彦]]、[[佐々木恵介]]、[[山浦聡]]
* キャスト:山田美穂、芳野美樹、半場友恵、[[井上喜久子]](イメージボイス)、[[宮田浩徳]](先生・駅員・老人)、[[細井治]]、[[うえだゆうじ|上田祐司]]、[[長嶝高士]] 他
 
 
== 再会 ==
 
=== あらすじ ===
そこはまるで、箱庭のような街だった。
* ゲームサウンドディレクター:[[岐田稔]]
* ディレクター:[[原木正志]]
 
 
== 禁じられた都市伝説 ==
[[{{main|トワイライトシンドローム 禁じられた都市伝説]]の項を参照}}
 
== 備考 ==
『探索編』と『究明編』は対になっており、『探索編』は謎を残したままエンディングを迎え、『究明編』ではそのエンディングから直接続くストーリーが展開されるという、いわゆる前後編仕様になっている。しかしながら、その事実が予めパッケージ等の記載で説明されることはなく、『探索編』を購入し、ゲームをクリアして初めて明らかとなるため、プレイヤーの間では物議された。
 
== 関連作品 ==
* トワイライトシンドローム〜卒業〜(スパイク [[DVD]]/[[VHS]] 80分 2001年1月26日発売)
*: 本ゲームを原作とした実写映画化作品。[[2000年]][[11月]]公開。[[舞原賢三]]監督。
* [[トワイライトシンドローム デッドクルーズ]] 2008年8月2日公開
* [[トワイライトシンドローム デッドゴーランド]] 2008年8月16日公開
*: 本ゲームを原作とした2度目の実写映画化作品となる。[http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080522/ts.htm]
* トワイライトシンドローム
*: [[NHN Japan]]のオンラインゲームサイト「[[ハンゲーム]]」中の「[[ななぱち]]」でサービスされているオリジナルのパチンコゲーム。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者